劇団EXILE佐藤寛太、先輩である塩ノ谷早耶香による熱唱に感慨「不思議な感じがします」

 

映画『イタズラなKiss THE MOVIE2~キャンパス編~』初日舞台挨拶

多田かおるによる人気コミックを、佐藤寛太(劇団EXILE)と美沙玲奈の共演で映画化した映画『イタズラなKiss THE MOVIE2~キャンパス編~』の初日舞台挨拶が28日に都内で行われ、佐藤と美沙に加え、主要キャストの山口乃々華(E-girls)、大倉士門、灯敦生、牧田哲也、文音、佐藤瑠生亮、陣内孝則、溝口稔監督が登壇。当日は主題歌を担当した塩ノ谷早耶香による主題歌披露も行われた。

撮影で大変だったシーンについて聞かれた佐藤と美沙は、声を合わせて「池ポチャのところ!」と回答。二人で乗ったボートで琴子が急に立ち上がり、転覆してしまうというシーンだ。佐藤は「浅い池で一発勝負で撮ります、と聞いていたのに、事前に潜ったダイバーさんが30秒近く戻ってこない。水深5mだと聞いて、不安になりました...」と振り返り、「実は私カナヅチなんです。本番直前に佐藤さんにカミングアウトしたら驚いてましたね」と打ち明けると、会場からは驚きの声が聞こえた。

琴子の父を演じた陣内と、メガホンを取った溝口監督から大絶賛されたのは、キャンパス編から出演した牧田と文音。「牧田は以前から知っていたけど、妙な二枚目芝居をするやつだったんですよ。ところが今回は出っ歯を生かしていい演技してましたね。文音ちゃんは大人の魅力を活かしていて見ごたえがあります。ぜひ琴子父と不倫関係、というスピンオフをやりましょうよ」と陣内は溝口監督に提案。これを受けた溝口監督は「二人とも素晴らしい役者さんですね。不倫スピンオフは怪しすぎるのでやりません(笑)」と返し、会場の笑いを誘っていた。

イベントの後半では、主題歌「BELIVING」を歌う塩ノ谷が登場し、生歌を披露。会場とキャストから大きな拍手が送られると、「こんなにたくさんの人に愛されている映画の主題歌でプレッシャーもありましたが、今日こうしてみなさんと素敵な時間を過ごすことができてよかったです」と笑顔でコメント。また、EXPGの先輩後輩の関係である佐藤は、「同じスクールだった先輩(塩ノ谷)と、こうして同じ舞台にたっているのが不思議な感じがしますね」と笑みを浮かべていた。


映画『イタズラなKiss THE MOVIE2~キャンパス編~』
公開中

佐藤寛太(劇団EXILE)美沙玲奈
山口乃々華(E-girls)大倉士門 灯敦生
牧田哲也 文音 佐藤瑠生亮 池上紗理依 山口賢人 赤塚真人(特別出演)点心向(特別出演)栗原類(特別出演)
石塚英彦 鈴木杏樹 陣内孝則

原作:多田かおる
監督・脚本:溝口稔
主題歌:塩ノ谷早耶香「BELIEVING」(キングレコード)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

山口乃々華

生年月日1998年3月8日(21歳)
星座うお座
出生地埼玉県

山口乃々華の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST