【広告マン共感!】映画『素晴らしきかな、人生』ウィル・スミスが熱弁する“勝つ人生論”とは?

映画『素晴らしきかな人生』

映画『素晴らしきかな人生』

『プラダを着た悪魔』デヴィッド・フランケル監督の最新作『素晴らしきかな、人生』が、2月25日(土)より全国公開となる。このたび、ウィル・スミス演じるイケイケ広告マン・ハワードの“人生論”のスピーチ場面が解禁! 実際の広告マンからも共感の声が続出する本作で、ハワードが語る地球上のすべての人を繋げるな“3つ”のことは…?

「愛と、時間と死だ」

ハワードは広告代理店の代表であり、かつてはクライアントからの厚い信頼を集めるカリスマ広告マン。彼の同僚のホイット(エドワード・ノートン)、クレア(ケイト・ウィンスレット)、サイモン(マイケル・ペーニャ)の3人に加え、会社の若い従業員たちも、ハワードのスピーチに熱心に耳を傾ける。

「君の“なぜ”への答えは何だ?」という問いかけから始まるスピーチ。ハワードの表情は、その後の“ドン底”を予感させないほど自信に満ちています。「広告は人に伝えることがすべて。愛を渇望し、時間を惜しみ、死を恐れる。それこそが人々を繋ぐ要素である」と彼の“人生論”とも言える広告のロジックを熱く語る。

ウィル・スミスは自らが演じたハワードについて「彼は、自分の人生プランを完璧に立てていた男。知るべきことはすべて把握しているんだ。彼は自分を指導者、マーケティングの達人だと考えている。すごい男ですよ。愛情があり、必要な助言をし、どの友人にも力になろうとした。彼は人生の勝ち方を知っていました」と、そのハワードがいかに成功を収めていたかをウィルの視点で語った。ニューヨークの広告代理店で大活躍する広告マンのアツいスピーチは、”勝つ人生論”のエッセンスの詰まった、観る者の心にも響く深い内容となっている。

しかし、この直後にハワードは最愛の娘を失ってしまう…。死をきっかけに”愛”、”時間”、”死”、3つの抽象概念を信用できなくなってしまい、自分の人生を見失ったハワード。そんな人生ドン底を迎えた男の前に、ある日突然現れたのは3人の奇妙な舞台俳優たち。彼らとの出会いによってハワードの人生に変化が訪れる。

日本の広告業界からも共感&感動コメントが到着!

思わず自分とシンクロしてしまい涙、涙でした。人生を走り続けることの意味と尊さを考えさせられた映画。また涙してしまうけど、観る度に印象が変わる映画だと思う。リピします。
―――T.Yさん(34歳/営業/東京)

他者との繋がりを愛し、絶望し、そして救われてゆく主人公ハワードの姿に、広告マンとして、
人として通じるものを感じ、涙が溢れた。いま、繋がりを共有したい大切な人と一緒に見てほしい映画だと思った。

―――Y.Hさん(25歳/メディアプランナー/東京)

大切な人を亡くした悲しみを乗り超えさせてくれた仲間の存在が素晴らしく最後は涙が止まりませんでした。公開後、奥さんと一緒にもう一度見たいです。
―――K.Oさん(29歳/営業/大阪)

そのほか、コメントも映画公式サイト(PC版)(スマートフォン版) にて公開中!働き盛りの男性も感動の涙を流す本作をぜひ、劇場でご覧いただきたい。


映画『素晴らしきかな、人生』
2月25日(土)より全国公開

>

キャスト:ウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレン
監督:デヴィッド・フランケル『プラダを着た悪魔』
製作:マイケル・シュガー『スポットライト 世紀のスクープ』
音楽:セオドア・シャピロ『マイ・インターン』
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:Collateral Beauty

プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔

出演者 メリル・ストリープ  アン・ハサウェイ  エミリー・ブラント  スタンリー・トゥッチ  エイドリアン・グレニアー  トレイシー・トムズ  サイモン・ベイカー  リッチ・ソマー  ダニエル・サンジャタ  レベッカ・メイダー
監督 デビッド・フランケル
製作総指揮 ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr  カーラ・ハッケン  カレン・ローゼンフェルト
脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ
原作者 ローレン・ワイズバーガー
音楽 セオドア・シャピロ
概要 ローレン・ワイズバーガーの同名ベストセラー小説をアン・ハサウェイとメリル・ストリープの共演で映画化したおしゃれなコメディ・ドラマ。ひょんなことから一流ファッション誌で働くことになったヒロインが、鬼のような上司に振り回されながらも恋に仕事に奮闘する姿をユーモラスかつ等身大で描き出す。大学を卒業し、ジャーナリストを目指してニューヨークへとやって来たアンディが就いた職業は、一流ファッション誌“RUNWAY”の編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。オシャレにとことん疎い彼女は、それが次へのステップになればという程度に考えていたのだが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ウィル・スミス

生年月日1968年9月25日(51歳)
星座てんびん座
出生地米・フィラデルフィア

ウィル・スミスの関連作品一覧

エドワード・ノートン

生年月日1969年8月18日(50歳)
星座しし座
出生地米・マサチューセッツ

エドワード・ノートンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST