【2月17日まで】劇場の巨大スクリーンで迫力あるダース・ベイダーを見逃すな!

© 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

© 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

2016年12月16日(金)の封切から約2ヵ月間。日本中を興奮と感動に巻き込んだ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が2月17日(金)をもって全てのスクリーンで上映を終了し、映画興行の幕を下ろす。

世界中でオープニング1位を飾るなど大ヒットスタートを切った本作は、シリーズ第1作目『エピソード4/新たなる希望』の直前までが語られ、反乱軍の寄せ集め極秘チーム<ローグ・ワン>が、銀河全体を脅かす究極兵器デス・スターの設計図を奪うという97.6%生還不可能なミッションに挑む姿が描かれ、その劇的で感動的な<ローグ・ワン>の姿にSWシリーズで初ともいえる「泣けるスター・ウォーズ」と多くの声が上がっている。

日本での累計興行収入は45億円を突破し、観客動員数約300万人に。さらに、全世界興行収入はすでに1,170億円を突破し、アメリカ国内において、シリーズ歴代2位の大ヒットを記録するなど、その人気はまさに歴史的な成績で証明されている。(※BOXOFFICEMOJO調べ、$1,041,442,512より本日為替112.36円で換算)

さらに話題を呼んだのは、スクリーンには二度と現れないと囁かれながらも再び本作に登場した悪の帝王ダース・ベイダーの存在。鑑賞した観客に圧倒的な存在感と絶望感を与えるかのように赤いライトセーバーを振り下ろす姿は、SWファンはもちろん、SW 作品を観たことがない人々へも多大なインパクトを与えた。

また、見事に『エピソード4/新たなる希望』へと繋がった“希望”は観客の胸を熱くし「後半は終始私涙でした。」「最後まで涙だらだら流しっぱなし(TωT)」「やっぱり涙失くして観れないよ。そしてエピソード4が観たくなるんだよ!」「キャリー・フィッシャーの事も考えるとさらに涙が止まらないよ~」「泣いた、スターウォーズシリーズで初めて泣いた。」と、書き込まれる口コミ後押しされ、初めてSWシリーズを鑑賞する女性や若者など幅広い層へ鑑賞者が広がっていった。

また、本作の上映終了までの残り7日間限定(2月11日~2月17日)で、IMAX 3D(字幕)版を以下の全国24館にて復活上映することが緊急決定した。劇場の巨大スクリーンで「ローグ・ワン」メンバーの活躍、そして、ダース・ベイダーの姿を観ることのできる、この最後のチャンスをお見逃しなく。

【IMAX 3D(字幕)版上映劇場一覧】
TOHO シネマズ新宿、TOHO シネマズ横浜、TOHO シネマズなんば、TOHO シネマズ仙台、TOHO シネマズ二条、109 シネマズ湘南、109 シネマズ菖蒲、109 シネマズ川崎、109 シネマズ大阪、109 シネマズ二子玉川、109 シネマズ箕面、109 シネマズ名古屋、109 シネマズ木場、イオンシネマ大高、T・ジョイ品川、ユナイテッド・シネマキャナルシティ、ユナイテッド・シネマとしまえん、ユナイテッド・シネマ浦和、ユナイテッド・シネマ岸和田、ユナイテッド・シネマ札幌、ユナイテッド・シネマ豊橋18、エーガル8シネマズ、横浜ブルク、成田 HUMAX シネマズ


映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
大ヒット公開中

監督:ギャレス・エドワーズ
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/チアン・ウェン/フォレスト・ウィテカー/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック/リズ・アーメッド
原題:ROGUE ONE A STAR WARS STORY
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST