映画『ピーチガール』予告編と本ビジュアルが完成!本仮屋ユイカら追加キャストも発表

 

(C)2017「ピーチガール」製作委員会 (C)上田美和/講談社

主演山本美月×伊野尾慧で贈る、累計発行部数1,300万部を超える、上田美和による大ヒットコミックの待望の映画化『ピーチガール』が5月20日(土)より全国公開。この度、予告編と本ビジュアルが完成。その解禁に併せて、追加キャストも発表され、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子らが出演していることも明らかになった。

元水泳部の安達もも(山本美月)は、日焼けした色黒の肌や、塩素で色が抜けた赤い髪というギャル風な外見のせいで、周囲から「遊んでる」と誤解されてしまうが、中身は超ピュアな女子高生。ももには、とーじ(真剣佑)という中学時代からずっと片思いをしている相手がいたが、ももは入学早々に学校一のモテ王子・カイリ(伊野尾慧)にとある勘違いから一方的にキスをされ、学校中の噂に。

一方、もものクラスメイトの沙絵(永野芽郁)は、色白で男ウケ抜群。でもその本性は、ももの欲しがるものを何でも手に入れなくては気が済まない最強最悪の小悪魔。ももがとーじを好きと知るや、横取りすべく巧みな作戦で次々とももを罠にかける。そんなももの絶体絶命のピンチを救ってくれたのは、もものピュアな内面を好きになったカイリだった。全くタイプの違う2人の間で気持ちが激しく揺れ動くもも。果たしてももが最後に選ぶのは――?

今回解禁された予告映像は、先日発表された “世界の歌姫”カーリー・レイ・ジェプセンによる主題歌「コール・ミー・メイビー」とともに、<元気をくれた人・カイリ>と、<ずっと好きだった人・とーじ>の二人の間で揺れるももの乙女心だけでなく、山本の衝撃的な顔面白塗り姿も収められている。また、ファン卒倒間違いなしの伊野尾によるウィンクや、可愛すぎる女装、永野芽郁の女優根性伝わる白目むき出しの演技など、コミカルなシーンも満載。

さらに、本ビジュアルも作品公式サイトにて解禁。それぞれの性格を表したコピーとポップな背景と共に、キャラクターたちが”ピーチ“を持つ姿を収めた、キラキラと可愛いビジュアルになっている。映像解禁とともに、フレッシュな主要キャスト4人の脇を固める追加キャストとして、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子が参加していることも発表された。それぞれの詳しい役どころは明かされていないが、公開に向けて期待が高まる。


映画『ピーチガール』
2017年5月20日(土)公開

出演:山本美月 伊野尾慧 (Hey! Say! JUMP) 真剣佑 永野芽郁
原作:上田美和『ピーチガール』(講談社「別冊フレンド」刊)
脚本:山岡潤平
音楽:蔦谷好位置(agehasprings)
監督:神徳幸治
配給:松竹 制作:ファインエンターテイメント

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST