映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』 アナの視線がミステリアスなポスター解禁!

 

(C)2016 UNIVERSAL STUDIOS

女子大生のアナ・スティール(ダコタ・ジョンソン)と、若き実業家クリスチャン・グレイ(ジェイミー・ドーナン)が織りなす官能的な愛を描き、全世界で興収5億6千万ドル以上を稼いだ映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編で、今年6月に日本公開を迎える映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』から、アナのミステリアスな視線が印象的な本ポスタービジュアルが解禁となった。

ビジュアルには、身につけた仮面の向こう側から、真っすぐにこちらを見つめるアナと、そのミステリアスな表情の隣にそっと寄り添うグレイと思しき男性の姿が収められている。”心の秘密は、身体が知ってる。”という印象的なキャッチ—コピーからは、前作に引き続き、官能的でゴージャスな愛の描写はもちろんのこと、物語がアナの心に隠された秘密を軸に展開していくことが伺える。

本作では新キャストとして、グレイをSMの世界にひき込み“育てた”女主人・エレナ役で、007シリーズ『ネバーセイ・ネバーアゲイン』でボンドガールを演じ、『L.A.コンフィデンシャル』の妖艶な演技も話題となったキム・ベイシンガーが出演。監督は、前作のサム・テイラー=ジョンソンから、『パーフェクト・ストレンジャー』や人気海外ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(シーズン1~2)で知られるジェームズ・フォーリーが引き継ぐ。また前作では、ビヨンセを始め、Sia、ザ・ローリング・ストーンズなど、超豪華アーティストが楽曲を提供して話題を呼んだが、本作にもテイラー・スウィフト、元ワン・ダイレクションのゼイン・マリク、ホセ・ジェイムズなど豪華なミュージシャンが集結している。


映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』
6月日本公開

■キャスト:ダコタ・ジョンソン/ジェイミー・ドーナン/リタ・オラ/キム・ベイシンガー/マーシャ・ゲイ・ハーデン
■監督:ジェームズ・フォーリ- ■脚本:ナイアル・レオナルド
■原作:ELジェイムズ「フィフティ・シェイズ・ダーカー」(早川書房刊) ■コピーライト:(C)2016 UNIVERSAL STUDIOS ■配給:東宝東和

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

出演者 ジェイミー・ドーナン  ダコタ・ジョンソン  ルーク・グライムス  ヴィクター・ラサック  エロイーズ・マンフォード  マーシャ・ゲイ・ハーデン  リタ・オラ  マックス・マーティーニ  カラム・キース・レニー  ジェニファー・エール
監督 サム・テイラー=ジョンソン
製作総指揮 マーカス・ヴィシディ  ジェブ・ブロディ
脚本 ケリー・マーセル
原作者 E・L・ジェイムズ
音楽 ダニー エルフマン
概要 世界中の女性を虜にした一大ベストセラーを映画化した官能ラブ・ロマンス。主演はジェイミー・ドーナンとダコタ・ジョンソン。監督は「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」のサム・テイラー=ジョンソン。巨大企業の若きCEOと恋に落ちた女子大生を待ち受ける純粋な愛と倒錯した官能の世界を綴る。大学生のアナ・スティールは、学生新聞の取材で若き実業家クリスチャン・グレイにインタビューすることに。恋愛経験もなく、世間知らずなアナは、ハンサムで謎めいたグレイにたちまち心惹かれる。一方のグレイも、地味でウブなアナを新鮮に感じ、興味を持つ。ほどなく2人は急接近。やがて、グレイの住む超高層ビルのペントハウスに招かれるアナだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST