米林宏昌監督最新作『メアリと魔女の花』 ヒロインのメアリに杉咲花決定!

杉咲花/(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

米アカデミー賞ノミネート『思い出のマーニー』の公開から3年。『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)ではその年の邦画興行収入NO.1を記録し、スタジオジブリで鮮烈な監督デビューを飾った米林宏昌監督。2014年末にジブリを退社してから新たに挑むのが『メアリと魔女の花』。新拠点スタジオポノック制作第一回長編作品であり、米林監督の勝負になる本作は、昨年末の記者会見で新作発表後、日本のみならず早くも世界中から注目を集めている。

そして、魔女の国で大冒険を繰り広げる元気な少女・メアリ役が、杉咲花に決定!『湯を沸かすほどの熱い愛』で報知映画賞・ブルーリボン賞など主要な映画賞を総ナメにしていることでも話題沸騰、今後の飛躍がもっとも期待されている女優だ。

『借りぐらしのアリエッティ』がジブリ作品の中でも一番好きだと公言する杉咲が米林監督の作品に関わるのは『思い出のマーニー』以来2度目。「マーニー」では好奇心旺盛で重要な役どころである少女・彩香(さやか)を好演。そして今回、今世紀最高の魔女ファンタジー映画となる、ヒロインに大抜擢となった。

起用理由に関して西村義明プロデューサーは「彼女のまっすぐな眼差し、笑顔、そして何より好奇心に満ちた彼女の声が主人公・メアリにぴったりだと思いました。」と語り、メアリ役に決まった杉咲は「今回メアリ役を演じさせていただけることは、私にとって飛びっきりのサプライズです。素敵な作品を、自信を持って皆様にお届けできるように頑張ります。メアリに“花”咲かせます!」と力強くコメント。

©2017「メアリと魔女の花」製作委員会

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

7年に1度しか咲かない禁断の花“夜間飛行”。魔女の花を見つけたメアリは一夜限りの不思議な力を手に入れ、雲海がそびえた立つ魔女の国へと飛び立つが…。
この夏、誰もが楽しめる冒険ファンタジー超大作の誕生に期待が高まる。
また、本作の最新予告編映像が解禁となった。米林監督が最も得意とするダイナミックなアニメーションを取り入れた予告編も映画の公開に向けて注目だ。


『メアリと魔女の花』
7月8日(土)全国東宝系ロードショー

キャスト:杉咲花
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継 プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST