『キングコング:髑髏島の巨神』公開記念、丸の内ピカデリー“爆音映画祭”が開催決定!

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

全世界の映画ファンが待望するスクリーンの王者“キングコング”を描くアドベンチャー超大作『キングコング:髑髏島の巨神』。神話の中にだけ存在するとされた謎の島に調査遠征隊が派遣される。彼らの任務は、未知なる生物を発見すること。だが、その島は、人類が決して足を踏み入れてはならない《髑髏島(ドクロトウ)》だった…。

今回、『キングコング:髑髏島の巨神』の公開を記念して、公開初日の3月25日(土)より、丸の内ピカデリー3にて“爆音映画祭”が開催決定!“爆音上映”は、音楽ライヴ用の音響機材を使って極上の音響と音量で映画を上映する特別な企画。2004年から、東京・吉祥寺バウスシアターでスタートし、現在もboid監修により全国の映画館やイベント会場で上映されている。

爆音上映の発案者、樋口泰人氏は、「怪獣たちの島、髑髏島にいるかのような臨場感を再現するサラウンドの音響に、70年代のロックサウンドを強烈に再生するステレオサウンドを組み合わせ、最高の環境で映画を楽しんでもらえるはず!」とコメントしている。

丸の内ピカデリー爆音映画祭


《爆音映画祭》
期間:3月25日(土)~4月7日(金)
会場:丸の内ピカデリー3
ラインナップ
・『キングコング:髑髏島の巨神』2D字幕版
・『ゼロ・グラビティ』
・『マッドマックス 怒りのデスロード』
・『マッドマックス 怒りのデスロード<ブラック&クローム>エディション』
・『パシフィック・リム』
・『ダークナイト』
※各作品上映スケジュール詳細は劇場HPでご確認下さい→http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/

樋口泰人(ひぐち やすと)
1957年山梨県生まれ。『キネマ旬報』『エスクァイア』『スイッチ』『スタジオボイス』などに批評やレビューを執筆。90年代は『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』の編集委員、その後編集長をへて、ビデオ、単行本、CDなどを製作・発売するレーベル「boid」を98年に設立。04年から、東京・吉祥寺バウスシアターにて、音楽用のライヴ音響システムを使用しての爆音上映シリーズを企画・上映。08年より始まった「爆音映画祭」はバウスシアター閉館後も全国的に展開中。著書に『映画は爆音でささやく』(boid)、『映画とロックンロールにおいてアメリカと合衆国はいかに闘ったか』(青土社)、編書に『ロスト・イン・アメリカ』(デジタルハリウッド)、『恐怖の映画史』(黒沢清、篠崎誠著/青土社)などがある。boidとしては2017年4月22日より、映画『PARKS パークス』(瀬田なつき監督、橋本愛主演)の公開を控えている。


映画『キングコング:髑髏島の巨神』
3月25日(土) 3D/2D/IMAX ロードショー

監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ
出演:トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、MIYAVI、ジョン・C・ライリー、他
日本語版吹替キャスト:GACKT(主人公:ジェームズ・コンラッド役)、佐々木 希(ヒロイン:メイソン・ウィーバー役)、真壁刀義 [新日本プロレス](米陸軍兵士:レルス役)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジョン・C・ライリー

生年月日1965年5月24日(53歳)
星座ふたご座
出生地米・イリノイ・シカゴ

ジョン・C・ライリーの関連作品一覧

トム・ヒドルストン

生年月日1981年2月9日(37歳)
星座みずがめ座
出生地

トム・ヒドルストンの関連作品一覧

ブリー・ラーソン

生年月日1989年10月1日(29歳)
星座てんびん座
出生地

ブリー・ラーソンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST