イ・ビョンホンが日本のファンにコメント!『ブラック・ファイル 野心の代償』3月24日(金)よりTSUTAYA先行レンタル開始!

『ブラック・ファイル 野心の代償』

『ブラック・ファイル 野心の代償』/(C)2015 MIKE AND MARTY PRODUCTIONS LLC.ALL Rights Reserved.

『トランスフォーマー』シリーズのジョシュ・デュアメルを主演に据え、アル・パチーノアンソニー・ホプキンスイ・ビョンホンら豪華キャストが共演した映画『ブラック・ファイル 野心の代償』。本作のBlu-ray&DVDが3月24日より、TSUTAYA先行レンタルが開始となることが発表された(リリースは2017年4月26日より )。さらに映像特典より、イ・ビョンホンが競演のアル・パチーノとアンソニー・ホプキンスについてのコメントとする映像と、日本のファンへのメッセージが到着した。

イ・ビョンホン「映画史上大きな価値がある」

全米を牛耳る巨大製薬会社。世間ではその薬害問題が報じられていたが、チャールズ・エイブラムス率いる弁護団は決定的な証拠を掴めずにいた。そんな中、野心家の若手弁護士ベン・ケイヒルは金髪の美女エミリーと出会い、機密の臨床ファイルを受け取る。その出会いをきっかけに、人間達のありとあらゆる欲望<出世欲・金欲・独占欲・愛欲…>が複雑に絡み合い、ケイヒルの人生は予想もつかない意外な展開に巻き込まれていく…。

若手弁護士ベン・ケイヒルを演じるのはジョシュ・デュアメル。大ヒット作『トランスフォーマー』(07)、最新作『トランスフォーマー:ザ・ラスト・ナイト(原題)』への出演も決定し、さらに名匠ラッセ・ハルストレム監督作『セイフ ヘイブン』(13)では主演を務める注目株の俳優だ。

ジョシュ・デュアメル

ジョシュ・デュアメル/(C)2015 MIKE AND MARTY PRODUCTIONS LLC.ALL Rights Reserved.

弁護士事務所の代表チャールズ・エイブラムスを演じるのは名優アル・パチーノ。『ゴッドファーザー』(72)に抜擢され、その鮮烈な演技でハリウッドを圧倒、その後『狼たちの午後』(75)、『スカーフェイス』(83)などに主演し、1992年には『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』で第65回アカデミー賞主演男優賞を受賞、8度目のノミネートを果たした。

ジョシュ・デュアメル(左)とアル・パチーノ(右)

ジョシュ・デュアメル(左)とアル・パチーノ(右)/(C)2015 MIKE AND MARTY PRODUCTIONS LLC.ALL Rights Reserved.

巨大製薬会社の会長アーサー・デニング役にはこれまた誰もが知るハリウッドスター アンソニー・ホプキンスを起用。映画史に残る悪役ハンニバル・レクターを演じた『羊たちの沈黙』(91)で第64回アカデミー賞主演男優賞に輝き、『ニクソン』(96)、『世界最速のインディアン』(07)、『ヒッチコック』(13)などに主演し、“ナイト”の称号を持つ名優だ。

アンソニー・ホプキンス

アンソニー・ホプキンス/(C)2015 MIKE AND MARTY PRODUCTIONS LLC.ALL Rights Reserved.

パチーノ、そしてホプキンスという2大オスカー俳優が共演するのは、彼らの長いキャリアの中でも本作が初となる。

また、主人公ケイヒルを執拗に追う謎の殺し屋には『ターミネーター:新起動 ジェニシス』(15)や『マグニフィセント・セブン』(17)とハリウッド作への出演が続き、昨年のアカデミー賞ではプレゼンターを務めたイ・ビョンホンが熱演。その圧倒的な存在感と謎めいた風貌で主人公らを翻弄する。

イ・ビョンホン

イ・ビョンホン/(C)2015 MIKE AND MARTY PRODUCTIONS LLC.ALL Rights Reserved.

メガホンをとったのは、本作が監督デビューとなる日系人シモサワ・シンタロウ。42歳の新人監督は、これまで大ヒットドラマのスピンオフ『クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル』やケビン・ベーコン主演の『ザ・フォロウィング』にて脚本を手がけるほか、清水崇監督のハリウッドデビュー作『THE JUON/呪怨』(05)では共同プロデューサーを務めるなどハリウッドにて存在感を高める期待の新鋭だ。


映画『ブラック・ファイル 野心の代償』
2017年3月24日(金)よりTSUTAYAにて先行レンタル開始

監督:シンタロウ・シモサワ
出演:ジョシュ・デュアメル、アンソニー・ホプキンス、アル・パチーノ、イ・ビョンホン、アリス・イヴ、マリン・アッカーマンほか
2015/アメリカ/106分/シネスコ/原題:MISCONDUCT
提供:カルチュア・パブリッシャーズ
配給:松竹メディア事業部

トランスフォーマー

トランスフォーマー

出演者 シャイア・ラブーフ  ミーガン・フォックス  ジョシュ・デュアメル  ジョン・ヴォイト  ジョン・タトゥーロ  レイチェル・テイラー  タイリース・ギブソン  アンソニー・アンダーソン  ケヴィン・ダン  ジュリー・ホワイト
監督 マイケル・ベイ
製作総指揮 スティーブン・スピルバーグ  マイケル・ベイ  ブライアン・ゴールドナー  マーク・ヴァーラディアン
脚本 アレックス・カーツマン  ロベルト・オーチー
音楽 スティーヴ・ジャブロンスキー
概要 スピルバーグとマイケル・ベイの2大ヒットメーカーが放つSFアクション。1980年代に人気を博した日米合作のアニメを実写化。人類が、あらゆるテクノロジー機器に姿を変え“トランスフォーム”(変身)する金属生命体の脅威に晒されるさまを、最新技術を駆使して描く。ある日、中東カタールの米軍基地に未確認ヘリコプターが着陸、突然ロボット型へと変形し無差別に攻撃し始める。また、飛行中の米国大統領専用機エアフォースワン内では何者かが侵入し、機密情報が驚異的なスピードでハッキングされる事態に。そんな中、高校生のサムは父親から車を買ってもらう。その車は、一見ボロボロのスポーツカーだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

ターミネーター:新起動/ジェニシス

ターミネーター:新起動/ジェニシス

出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー  ジェイソン・クラーク  エミリア・クラーク  ジェイ・コートニー  イ・ビョンホン  J・K・シモンズ  マット・スミス  ダイオ・オケニイ  コートニー・B・バンス  マイケル・グラディス
監督 アラン・テイラー
製作総指揮 ビル・カラッロ  レータ・カログリディス  パトリック・ルシエ  ミーガン・エリソン  ロバート・コート
脚本 レータ・カログリディス  パトリック・ルシエ
音楽 ローン・バルフェ
概要 SFアクションの金字塔「ターミネーター」シリーズの第5弾。シリーズの顔ともいうべきアーノルド・シュワルツェネッガーが「ターミネーター3」以来12年ぶりに復帰し、人類の未来をめぐる時空を超えた新たな戦いが描かれていく。監督はTV「ゲーム・オブ・スローンズ」のアラン・テイラー。2029年、機械軍との壮絶な戦いを繰り広げていた人類は、抵抗軍のリーダー、ジョン・コナーの活躍により劣勢を挽回、ついに勝利を手にしようとしていた。追い詰められた機械軍は、ジョンが存在した事実そのものを消し去るため、殺人サイボーグ、ターミネーターを1984年に送り込み、ジョンの母サラ・コナーの抹殺を図る。これを阻止するため、抵抗軍側はジョン・コナーの右腕カイル・リースが自ら志願して過去へ向うが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

アル・パチーノ

生年月日1940年4月25日(79歳)
星座おうし座
出生地

アル・パチーノの関連作品一覧

アンソニー・ホプキンス

生年月日1937年12月31日(81歳)
星座やぎ座
出生地イギリス、ウェールズ

アンソニー・ホプキンスの関連作品一覧

イ・ビョンホン

生年月日1970年7月12日(49歳)
星座かに座
出生地

イ・ビョンホンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST