アニメのあの声が…!『ゴースト・イン・ザ・シェル』日本語吹替えに田中敦子、大塚明夫、山寺宏一が決定!

大塚明夫、田中敦子、山寺宏一/(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

士郎正宗によるSFコミックの金字塔『攻殻機動隊』の実写版で、4月7日に全国公開を迎える映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』。

今回、押井守の監督映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』での集結から22年、その続編にあたる『イノセンス』や神山健治のTVアニメシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』などで声優を努めた、田中敦子(草薙素子役/※ハリウッド版においては“少佐“役)、大塚明夫(バトー役)、山寺宏一(トグサ役)がハリウッド実写版にて、『攻殻機動隊 SOLID STATE SOCIETY 3D』から6年ぶりに同役で吹き替えを務めることが決定した。

今回再び同メンバーが集結したことについてキャスト陣は「目を閉じて大塚さんや山寺さんの声だけを追いかけるとアニメのシーンが浮かんでくるようで、とても不思議な体験でした。」(田中)、「久しぶりにメンバーと集まって、こんなに楽しいことはない、もっとやりたいと思いました」(大塚)、「他のメンバーがアフレコしているところを見て、ずっと一緒にやっていた感覚が戻ってきて懐かしい気持ちになりました」(山寺)とそれぞれ感無量の様子でアフレコ収録の現場を振り返っている。

しかしそんなキャスト陣に対して、押井守監督は「この役を演じるのは久しぶりだと思います。ぜひ自分の感じたままで演じて欲しいです」と監督視点で冷静にコメント。しかしながら期待は高まっているようで「楽しみとしか言いようがないですね。実写版の吹き替えがどうなるのか、お手並み拝見です」とコメントを寄せている。


映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』
4月7日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー

監督:ルパート・サンダース『スノーホワイト』
原作:士郎正宗「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」
出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、マイケル・ピット、ピルー・アスベック、チン・ハンandジュリエット・ビノシュ
邦題:ゴースト・イン・ザ・シェル
原題:GHOST IN THE SHELL
公開日:(北米)2017年3月31日(日本)2017年4月7日
配給:東和ピクチャーズ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

田中敦子

生年月日1962年11月14日(57歳)
星座さそり座
出生地群馬県

田中敦子の関連作品一覧

大塚明夫

生年月日1959年11月24日(60歳)
星座いて座
出生地東京都

大塚明夫の関連作品一覧

山寺宏一

生年月日1961年6月17日(58歳)
星座ふたご座
出生地宮城県塩竈市

山寺宏一の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST