【インタビュー】“子役”から“子育て役”もこなす 俳優・伊藤淳史を「作った映画」とは

大人気スマホゲームアプリ「ねこあつめ」を「原作」に、スランプに悩む小説家と猫たちの暖かい交流を描いた映画『ねこあつめの家』が4月8日に公開を迎える。

伊藤淳史

伊藤淳史

小説家・佐久本勝を演じるのは、俳優の伊藤淳史。佐久本の担当編集者・十和田ミチル演じる忽那汐里との掛け合いなども「猫以外」の見どころだ。

企画書の段階でオファーがあったという伊藤に、「猫だらけ」の映画に出演した感想や、共演者とのエピソード、果てはこれまでの伊藤の印象に残っている作品までを聞いた。

自然と枠に収まる猫たちに安心「猫も飼いたい」

─この映画の企画をお聞きになったときの感想はいかがでしたか?

伊藤淳史(以下、伊藤):企画書を見せていただいたときは、「これ、どうやって映画になるんだろう?」っていうのが最初の印象でした。

でも、実際上がってきた台本を見ると、ちゃんと“ねこあつめ感”がありましたし、ストーリーも面白いお話になっていました。

登場人物は猫だけじゃないし、ちゃんとした人間模様や、誰かの人生であったり、というところが丁寧に描かれていて、暖かい映画になるんじゃないかなと思いました。

─猫がたくさん出演しているので、撮影は大変ではなかったですか?

伊藤:台本でも、最初1匹だったのが2匹、3匹と増えていって、後書きにも「佐久本のまわりは猫だらけである」って書いてあるんですね。

「これはもう大変なことになるだろうな…」と思いましたし、これだけの数の猫たちが絵の中に収まる場所に集まらないだろうと。

でも、ほぼこちらの希望通りの位置にいる本当に優秀な猫ちゃんたちで、びっくりしました。僕は犬を飼っているんですけど、犬よりも猫のほうが人間との距離を大切にするイメージがあるというか、実際にそうだと思うんですけど、出演した猫たちは普通に人の近くに来てくれるし、全然大変じゃなかったですね。

─犬を飼われてるということですが、猫も飼いたいと思いましたか?

伊藤:考えますね。僕の知り合いの役者さんは、自宅で猫と犬を一緒に飼っていてすごく仲良しなんですね。僕は今はまだ余裕がないというか。今は犬が2匹と子供1人なので。100%の愛情を注げるときがきたら、真剣に猫を飼うことも考えたいなと、今回の撮影を通してすごく思いました。

仕事の壁は「いつも壁なのかな」

─今回演じられている役(小説家)について、ご自身が似ているなと思うところはありますか?

伊藤:うーん…近いところもある気がします。お芝居の仕事をさせていただいていて、現場が始まれば監督やみんなで作品をつくっていくということになるんですけど。

オファーがあってから撮影が始まるまでの準備期間は「どうしよう」と思ってもなかなか相談できない。そこらへんが似ていますね。

─もし、伊藤さんご自身がスランプとか壁にぶつかってしまったとき、どんな気分転換をしますか?

伊藤:壁を感じたことがない…。というか、いつも壁なのかなという気もしています。

役者の仕事は壁がないかもしれないし、いつも壁があるかもしれない

役者の仕事は壁がないかもしれないし、いつも壁があるかもしれない

僕の仕事は「すでにあるもの」について演じることなので、「止まる」ということがないんですね。

ただ、一つの作品をやっているときは、次のこのシーンはこうとかいうことを考えて結構追い込まれたりもします。それが「壁」と言われたら壁かもしれない。

答えが出なくても「こうかな?」ってやってみたら監督も見てくださってるし。現場に行けば共演者の方がいて、自分のイメージで他の役者さんのことも考えていくけど、他の方も考えていらっしゃるから、自分のイメージ通りに進まないことの方が多いですから、それで生まれてくるというか。だから、結果的には立ち止まることがないんです。

役者の仕事は「始まったら終わる」という思いはどこかにありますね。

共演者とも

─今回の作品では、忽那汐里さん、木村多江さん、猫ちゃんたち…と、あまり対峙する人がいない中で、実際に共演されてみていかがでしたか?

伊藤:多江さんに関しては、僕がイメージしている多江さんじゃないというか。台本を読んで「こういう役も多江さんはやられるんだ」と思って、イメージしていざお芝居してみると、僕の勝手な想像の上を行くお芝居をされていてびっくりしました。

木村多江にはいい意味で裏切られたという

木村多江には「僕の勝手な想像の上を行っていた」(伊藤)と、いい意味で裏切られた

─(木村多江の演技によって)実際に伊藤さんが思い描いていた以上の佐久本を演じられましたか?

伊藤:そうですね。受けることが多い役だったので、いかようにもというか、ひたすら驚いて、猫についてのアドバイスをしているときとかも、「おぉ」って。余計なことを自分からやったということも全くなかったので、本当に、佐久本という人間をつくってくれたのは多江さんと忽那さんですね。

─忽那さんについてはいかがですか?

「優しそうな表情で結構なことを言う」(伊藤)という忽那汐里

「優しそうな表情で結構なことを言う」(伊藤)という忽那汐里

伊藤:強く出るっていうよりは、優しそうな表情で結構なことを言う、みたいな(笑)。それがすごく、忽那さんのいいところで、お芝居をしていても刺激が大きかったですね。

佐久本と長い付き合いで出てきた人の動かし方というか、佐久本の気持ちが変わっていくということに対して説得力を持たせてくれました。

物語でも「ずっと自分の中に佐久本さんがいました」と言ってくれて。忽那さんのお陰で佐久本がリアルに表現できた気がします。

─大久保さんが演じたキャラクターはどうでしたか?

いつものキャラを封印(?)して撮影に臨んだ大久保佳代子

いつものキャラを封印(?)して撮影に臨んだ大久保佳代子

伊藤:いやーもう、めちゃくちゃおもしろいですよね。いるだろうな、こういう人っていう感じが出ていて。「大丈夫!大丈夫!」とか言いながら勝手に個人情報出しちゃうし。

撮影でご一緒したのは1日だけだったんですが、現場での大久保さんはとても真面目な方で、いつも監督の話を真摯に聞かれて、忠実にやられていて。大久保佳代子さんとしての毒舌キャラとはまた違う一面を見せて頂いて、とても素敵な方でした。

─郊外の一軒家に引っ越してくるというシチュエーションでしたが、実際ロケはいかがでしたか?

伊藤:東京とは違って、時間の流れ方がゆっくりというか。本当に気持ちよかったですね。撮影は9月頃だったので暑かったんですけど、風が吹けば涼しくて気持ちいいし、とにかく東京の嫌な暑さみたいなものが全くなかったです。同じ30度でも全然違う感じでした。部屋で風を感じながらゴロゴロしていたのでよかったですね。

撮影は実際に多古町というところでやっているんですよ。そういうのも嘘がなくていいなと思いましたし、本当にリアルで、家も味があって素敵でした。時間の流れ方がすごく好きでした。

─伊藤さん自身、癒やしの時間や空間、リフレッシュするときはどんなことをしていますか?

伊藤:今はやっぱり子供ですかね。どれだけ疲れて帰っても(疲れを)忘れますよね。なかなか時間が合わなくて子供が起きている時間に会えないこともありますが、寝ている横にいるだけで疲れが吹っ飛びます。

休みの日は一緒に散歩したりとか、そういったことでリフレッシュしていますね。

でも、家では台詞が一切覚えられなくなりましたね。だから近所のカフェとか、バーとかに行って台詞を覚えてます。声を出さずにやってるつもりなんですけど、たまに出ちゃってます(笑)。

伊藤淳史、心に残る作品は…?

─これまで観た作品のなかで、印象に残っているものや人に勧めたいと思う映画やドラマはありますか?

伊藤:最近テレビで放送されていた『アナと雪の女王』ですね。子供と一緒に観たんですが、子供の集中力は長く続かないので30分くらいしか観れてないんです。

だけど、その30分の間、すごくはしゃいでるんですよ。

子供をハッピーにさせるってすごいなって思いました。普通に子育てしていて、僕も子供からハッピーをもらっているけど、どう幸せが感じられるのかを考えることもあるなかで、そういう映画とかの持っている力はすごいなと思いますね。

あとは、昔の作品になりますが『セブン』です。

この作品は「こんな辛いことあるんだ」って刺激が強すぎて。でもすごい印象に残っていますね。知り合いに勧められてみたんですけど、本当に辛くて。でも、見ている人をそいういう気持ちにさせるっていう力って、本当にあるんだなと思いました。それは逆もしかりで。

僕もこういうお仕事をさせていただいているなかで、自分の芝居の評価ってなかなかわかりやすく感じられるものじゃないですけど、自分の芝居をみて、そんなふうに思ってもらいたいなと思いますね。

─ご自身が出演された作品で印象に残っているものはありますか?

伊藤:僕が小学校6年生のときに出演した『鉄塔 武蔵野線』は、初めて親元を1ヵ月間離れて、埼玉に一軒家を借りて、スタッフさんとかと一緒に泊まって撮影したんです。

『鉄塔  武蔵野線』

俳優・伊藤淳史を作った『鉄塔 武蔵野線

記憶もそんなにはっきり残っているわけじゃないんですけど、子供ながらに「お仕事をしている」っていう気持ちになった記憶はあるんですよ。それが今の自分をつくっている大きな作品のひとつです。

─ご自身が演じられたなかで、一番チャーミングだと思う役柄はありますか?

伊藤:電車男』が好きでしたね。1話で、ビルの屋上で誕生日にひとりでケーキを食べている。本当に可哀そうなんですけど(笑)、最終的には素敵な人に巡り会えた。

インターネットを介してひとつになって応援して結ばれていったわけじゃないですか。相手が誰か分からないけど、支えてもらっている感じというか、そういう状況がやっていてもすごく楽しかったですね。

─今後、挑戦したいと思う役柄はありますか?

伊藤:それを思ったことが全くないんです(笑)。

こういうお仕事はいただきものなので、自分でこういう役をやりたいっていうのはなくて、とにかく目の前のいただいた役柄をちゃんとやっていって、しっかり丁寧につくっていって、これから「伊藤にこういう役をやらせたらおもしろいんじゃないの」って思ってもらいたいっていうほうが大きいですね。

いただける役が魅力的な役が多いので、これからもいただいた役をしっかり演じて、魅力的なチャーミングな役に出会っていきたいなと思います。

─最後に、『ねこあつめの家』を楽しみにしている人へメッセージをお願いします。

伊藤:猫のかわいさを存分に味わっていただけると思いますが、それだけじゃなくて一人の人間の成長物語というか、すごくハートフルな作品になっています。

一人で生きていくというのはなかなか難しいですが、そういうところで主人公は猫であったりとか、多江さんや忽那さんと出会って変わっていきます。観てもらう方にも、そういう気持ちになっていただけたらなと思います。

(文:中西啓)

『ねこあつめの家』

『ねこあつめの家』

『ねこあつめの家』

4月8日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国公開

キャスト
伊藤淳史 忽那汐里
戸田昌宏 大久保佳代子/青戸浩香 大嶺創羽 村木藤志郎 大山うさぎ
田口トモロヲ/木村多江

配給:AMGエンタテイメント

(C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

伊藤淳史

生年月日1983年11月25日(36歳)
星座いて座
出生地千葉県

伊藤淳史の関連作品一覧

白石美帆

生年月日1978年8月8日(41歳)
星座しし座
出生地茨城県

白石美帆の関連作品一覧

佐藤江梨子

生年月日1981年12月19日(37歳)
星座いて座
出生地東京都

佐藤江梨子の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST