【注目の話題作!】超絶観たい映画−今月のイチオシは『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

有名無名を問わず絶対観たくなる作品を、洋画担当者が“超絶観たい”ポイントとともにご紹介! 自分好みの作品が必ず見つかるはず。

『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

裏サイトの刺激的ゲームで一躍有名人! スマホネイティブ世代が陥る危険な罠

NYのスタテン島に住む女子高生ヴィー(ロバーツ)は、SNSと現実世界でのチャレンジを融合させたゲーム“ナーヴ”に挑戦者(=プレイヤー)として登録。知り合ったばかりのイアン(フランコ)と組んでミッションを次々にクリアし、多額の賞金と人気を獲得するが、視聴者から出されるミッションが激しさを増していく。自分自身とネット住民の欲望に翻弄される若者たちを描いた青春スリラー。SNSの中毒性や匿名集団の無責任さがあぶり出される。

視聴者参加型ゲームNERVEのルール

■サイトにアクセスして「挑戦者」か「視聴者」を選択
■“挑戦”の内容は視聴者たちが指示
■挑戦をクリアするごとに賞金が得られる
■挑戦は挑戦者自身のスマホで撮影する
■挑戦に失敗、棄権するとそれまで得ていた賞金は没収
■NERVEの存在を密告した者には制裁が科せられる

『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

[ココが超絶!1]視聴者の要求は限度知らず過激度右肩上がりの“挑戦”

序盤の指令は、見知らぬ他人との5秒間のキス、デパートの試着室から下着姿で店を出るなど、度胸試しと言えるもの。だが次第に、目隠しをしバイクで時速96kmを出す、タワークレーン宙づり、列車が通る線路に横たわる、銃で武装したクレイジーな挑戦者と戦うなど、命懸けの挑戦を要求されるようになる。

『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

[ココが超絶!2]エマ・ロバーツ、デイヴ・フランコら旬の俳優たちが主要キャラを熱演!

26歳にしてキャリア17年目のロバーツが、地味で平凡な女子高生を好感の持てる人物に見せている。イケメン俳優の兄ジェームズの弟として注目されてきたフランコも、イアンの陰を説得力十分に表現。

『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

[ココが超絶!3]現実とスマホ画面を融合させるなどスタイリッシュなビジュアル

カラフルなネオンが映えるナイトシーンを多用。スマホ撮影による主観ショットを盛り込んだり、ゲーム画面のグラフィックを現実の光景にオーバーラップさせるなど、映像は随所に工夫が凝らされている。

『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』
『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』

5.3 RENTAL(TSUTAYA先行レンタル)
'16年・米
監督/ヘンリー・ジュースト、アリエル・シュルマン
出演/エマ・ロバーツ、デイヴ・フランコ、ジュリエット・ルイス、エミリー・ミード、マイルズ・ハイザー

⇒作品紹介・レビューを読む

(C)2016 LIONSGATE ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ガール・オン・ザ・トレイン』

『ガール・オン・ザ・トレイン』

[ココが超絶!]惨めで孤独な女性が女性変死事件の謎を追う

電車の窓から毎日眺めていた“理想のカップル”の妻が死体で見つかったことを知った女性が、真相を追う。アルコール依存症で記憶をなくしがちなうえ離婚のショックを引きずるヒロインの過去と、事件の全容が判明する終盤の急展開がスリリングだ。

『ガール・オン・ザ・トレイン』

『ガール・オン・ザ・トレイン』

4.21 RENTAL
'16年・米
監督/テイト・テイラー
出演/エミリー・ブラント、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・ベネット、ジャスティン・セロー

⇒作品紹介・レビューを読む

Film (C) 2016 Universal Studios and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved. Artwork © 2017 Universal Studios. All Rights Reserved.

(文:橋真奈美)

ガール・オン・ザ・トレイン

ガール・オン・ザ・トレイン

出演者 エミリー・ブラント  レベッカ・ファーガソン  ヘイリー・ベネット  ジャスティン・セロー  ルーク・エヴァンス  アリソン・ジャネイ  エドガー・ラミレス  リサ・クドロー  ローラ・プリポン  ダーレン・ゴールドスタイン
監督 テイト・テイラー
製作総指揮 セリア・コスタス
脚本 エリン・クレシダ・ウィルソン
原作者 ポーラ・ホーキンズ
音楽 ダニー エルフマン
概要 ポーラ・ホーキンズの同名小説をエミリー・ブラント主演で映画化したミステリー・サスペンス。離婚して傷心のヒロインが、通勤電車から眺めていた“理想の夫婦”を襲った衝撃の事件に次第に巻き込まれていくさまを描く。監督は「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」のテイト・テイラー。愛する夫トムと離婚し、友人の家に居候しているレイチェル。未だに心の傷は癒えず、アルコールが手放せない彼女は、通勤電車から見える一軒の家に住む“理想の夫婦”の姿に慰めを見出していた。その家の近くには、かつて彼女がトムと暮らしていた家もあった。今はそこに、トムは新たな妻アナと生まれたばかりの娘と住んでいた。そんなある日、車窓から妻のほうの不倫現場を目撃してしまい、激しいショックで混乱するレイチェルだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

エマ・ロバーツ

生年月日1991年2月10日(28歳)
星座みずがめ座
出生地米・ロサンゼルス

エマ・ロバーツの関連作品一覧

エミリー・ブラント

生年月日1983年2月23日(36歳)
星座うお座
出生地

エミリー・ブラントの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST