『淵に立つ』、『健さん』ー【良質邦画工房】心に響く良作を厳選 きっとあなたのお気に入りが見つかります

カンヌを沸かせた衝撃の家族ドラマと、超大物の証言でつづる健さんの記憶。

『淵に立つ』

[品質保証]“家族”の不安定さやもろさを役者陣の迫真の演技で浮き彫りにする

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞に輝いた深田晃司監督のドラマ。平凡な一家がもろくも崩壊していくさまから、家父長制が残る日本の家族関係の暗い側面をあぶり出す。淵からのぞいた先にある闇とは。観る者の心を揺さぶる重厚な一作。

『淵に立つ』

[STORY]

金属加工工場を営む鈴岡家に、男が訪ねてくる。工場主の旧知であった男は住み込みで働き始め、家族同然になじんできた矢先、衝撃的な事件が起こる。8年後、家族の姿は変わり果てていた。

『淵に立つ』

『淵に立つ』

5.3 RENTAL
'16年・日・仏
監督・脚本・編集/深田晃司
出演/浅野忠信、筒井真理子、太賀、三浦貴大、篠川桃音、真広佳奈、古館寛治

⇒作品紹介・レビューを読む

(C)2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS

『健さん』

[品質保証]高倉健の実像に迫る記録映像

'14年に亡くなった日本の名優、高倉健のドキュメンタリー。『ブラック・レイン』で共演したマイケル・ダグラスほか世界中の映画人が彼の魅力を語り尽くす。高倉の40年来の付き人により、知られざるプライベートの逸話も明かされる。

『健さん』

『健さん』

5.2 RENTAL
'16年・日
監督/日比遊一
出演/高倉健

⇒作品紹介・レビューを読む

(文:山田紗也子)

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST