映画『美女と野獣』世界興収10億ドル突破の超大ヒット!

 

(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

4月21日に日本公開を迎える映画『美女と野獣』が、全米公開からわずか27日目の4月13日に、世界興収10億ドルを突破した。本作で美しい歌声を披露し、まさに人々が思い描いていたベルそのものと絶賛されている主演のエマ・ワトソンは、『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニーから、『美女と野獣』のベルへと華麗なる転身を遂げたと話題。『美女と野獣』は、そんなワトソン自身のデビュー作である2001年公開の『ハリー・ポッターと賢者の石』の974.755.371ドルを超えて、とうとう10億ドル突破となった(数字はすべてBOX OFFICE MOJO調べ)。

自身のルーツとも言える作品の記録を塗り替える大ヒットとなったことからも「ベル」と「ハーマイオニー」との運命を感じずにはいられないが、この二人のキャラクターについて、ワトソン自身はこのように語っている。

「本が大好き、学ぶことが好き、そして自分の周囲の世界に対してあらゆる面で好奇心に満ちていることが、二人のキャラクターに共通しています。面白いことに、『美女と野獣』の撮影が終了した日というのは、私が『ハリー・ポッター』のハーマイオニー役に決まった日の、ちょうど記念日に当たっていました。不思議な達成感がありました。ハーマイオニーの旅路を実は私はまだ続けていて、今日それが終点にたどり着いたのかなぁ、そんな感慨を思わず感じてしまいました。二人のキャラクターの間には、精神的にというか、魂の間に繋がりがあるというか、そんな詩的な美しさを感じています」

ベルと野獣のロマンティックな愛の世界と、ディズニー音楽の名匠アラン・メンケンが手掛ける音楽が、世界中の人々の心を揺さぶり、現在2017年公開作品でNO.1の大ヒットとなっている本作。ミュージカル映画史上NO.1大ヒットなど、様々な記録を更新しているが、この記録がどこまで伸びていくのか、まだまだ目が離せない。

4月13日(木)現在の映画『美女と野獣』 世界興収
$1,002,405,115(約1千92億円:1ドル=109円) 数字はすべてBOX OFFICE MOJO調べ


映画『美女と野獣』
2017年4月21日(金) 全国ロードショー

監督:ビル・コンドン
出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス
原題:Beauty and the Beast
全米公開:2017年3月17日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ダン・スティーヴンス

生年月日1982年10月10日(37歳)
星座てんびん座
出生地英・イングランド・サリー

ダン・スティーヴンスの関連作品一覧

ルーク・エヴァンス

生年月日1979年4月15日(41歳)
星座おひつじ座
出生地英・グレートブリテン島・ウェールズ

ルーク・エヴァンスの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST