FUJIWARA原西が乃木坂46に新ギャグ伝授も、 高山一実との差に思わず嫉妬

(左から)FUJIWARA原西、藤本、乃木坂46

(左から)FUJIWARA原西、藤本、乃木坂46高山、中田、樋口

いよいよ4月28日より発売が開始される『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(※デジタル先行配信中、Blu-ray&DVDも28日よりレンタル開始)。本作のリリースを記念して、赤ペン瀧川先生の講義も受けた乃木坂46の高山一実と、同グループから中田花奈、樋口日奈の3人、さらにお笑いコンビ・FUJIWARA(原西孝幸、藤本敏史)をゲストに映画にかけた“絆”を試すイベントが開催された。

>写真をもっと見る

まさかのご本人登場…!?

冒頭、高山一実が瀧川の前で披露したチアルート(ドニー・イェン)ばり? の太刀さばきを披露した映像を、メンバーと振り返る。

剣道二段のはずが、映像を見た中田、樋口は「ちょっとこれを見る限りだと本当に二段?って(笑)」と苦笑い。高山は「フォースもないですし(笑)。あの太刀さばきは剣道二段じゃまだまだ無理ですね」と改めて振り返った。

樋口に突っ込まれてしまった高山

樋口に突っ込まれてしまった高山

そんなチアルート推しな高山に「高山さんのためにスペシャルゲストがいらしてます」とMC。それを聞いた高山は「まさか!!!…本人? ドニー…はるばる日本に??」とテンションアップする中、登場したのはFUJIWARAの二人。そしてなぜか藤本はストームトルーパーのヘルメットをかぶったまま登場するというシュールな展開。ヘルメットを取った藤本は開口一番「顔でかいキャラでやってきている。ちゃんと(顔が)入るマスク用意してどうすんねん!って。小さめ小さめ! こういうときは。芸人潰しですよ、スタッフの皆さん。お願いしますね!」と畳み掛けて笑いを取った。

何故かヘルメットをかぶったまま登場するという藤本ことフジモン

何故かヘルメットをかぶったまま登場するという藤本ことフジモン

原西から乃木坂46へ渾身のギャグ伝授。その時…

フリップ勝負では乃木坂勝利!

フリップ勝負では乃木坂勝利!(5周年=神宮ライブとのこと)

また、チームとして絆が強さを競う勝負(同じ回答を書けるか)では、内容が2人合致した乃木坂46が勝利。しかしここでも藤本は「FUJIWARA46ね。2人とも46歳だから、どちらかと言うと俺達が46なのね」と豆知識をぶっ込み、「すごい共通点!」と乃木坂46メンバーを驚かせた。さらに、今月でコンビ結成28年のFUJIWARAから乃木坂に「ライブやTVでも使えるギャグ」の伝授という、原西に対する無茶振りが飛ぶと「みんなやってくれたら絆になるけど…。やってよ!」と言いながら即逆を披露する原西。

「四角、三角、輪郭~」を披露

乃木坂46のために、ギャグ「四角、三角、輪郭~」を披露(※ポーズはキメの輪郭)

何とも言えない時間が流れ、藤本は思わず「乾いたシャッター音が響きましたねー」と悲しげにコメントを。原西も「静止画にされても面白くないんですよね」と冷静に分析。そして高山がライブの挨拶という想定でこちらも即披露。炊かれるフラッシュの嵐に「めっちゃフラッシュ炊いてるやん!俺の時2回やったで」と原西が思わず嫉妬していた。

めちゃめちゃフラッシュが炊かれた高山さんの「四角、三角、輪郭~」がこちら

めちゃめちゃフラッシュが炊かれた高山の「四角、三角、輪郭~」がこちら

最後に高山は「『ローグ・ワン』から観させていただいて。同世代は『スター・ウォーズ』を観たことない人が多いと思うし、そんな人たちにぴったりだと思う」と改めて入門としてふさわしいこともしっかりアピールしてイベントを締めくくった。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、初めて描かれるキャラクターたちによる、新たな世界を描いたもうひとつの『スター・ウォーズ』。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の少し前、ジェダイが滅んだ後の世界を舞台に、圧倒的勢力を持つ帝国軍の究極の兵器デス・スターの誕生と、それを阻もうとする反乱軍の名もなき戦士たち=“ローグ・ワン”の誇り高き戦いを描く。


映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
4月28日(金)レンタル開始、MovieNEX初回限定版・プレミアムBOX発売開始

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

中田花奈

生年月日1994年8月6日(25歳)
星座しし座
出生地埼玉県

中田花奈の関連作品一覧

乃木坂46

結成年月日2011年8月21日(8年)

乃木坂46の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST