橋本愛、映画『PARKS パークス』初日に笑顔「全国に羽ばたいていってくれると良いな」

 

(C)2017本田プロモーションBAUS

女優の橋本愛、永野芽郁、染谷将太 が、22日に都内で行われた映画『PARKS パークス』の公開初日舞台挨拶に、音楽監修のトクマルシューゴ、企画・製作の本田拓夫、瀬田なつき監督とともに出席。橋本は「自分自身でも観たときからすごく良い映画だと感じた作品で、とても好きな作品なのでこれからどんどん全国に羽ばたいていってくれると良いなと思っています」と期待を込めた。

大学生の吉永純(橋本)が、父の元恋人である女性の行方を捜す木下ハル(永野)、音楽スタジオで働く小田倉トキオ(染谷)とともに、ハルの父親が残したテープに収録されていた曲を再現しようと奮闘する姿を描く本作。初日を迎えた橋本は「この映画は、自分自身でも観たときからすごく良い映画だと感じた作品で、とても好きな作品なのでこれからどんどん全国に羽ばたいていってくれると良いなと思っています。なので、初日に沢山の方に来て貰えてとても嬉しいです。今日は本当にありがとうございます」とにっこり。

続いて永野は「吉祥寺でスカウトされたのが小学3年生の時で、それからずっと吉祥寺で映画を撮影する事が多く、すごく縁のある街だなと感じました。こうやって今日この映画が公開される事がすごく嬉しいです」と挨拶。一方、公開を向けての気持ちを聞かれた染谷は、「映画の企画が立ち上がって、撮影が始まって、完成して、公開を迎えて…月日はあっという間に流れるなぁと感じる、そんな映画になっています。映画を観てもらって、未来に思いを馳せたり、時の流れというものに魅力を感じていただけたのではないかと思っています。今日はありがとうございます」と感慨深そうに語った。

劇中の音楽監修を担当したトクマルは「この映画自体が音楽を作らせるといいますか、キャストの皆さんと映画の中の登場人物と一緒になって作った音楽であり映画なので、皆で作った音楽だなぁという思いが僕の中ではあります」としみじみ。一方、メガホンを取った瀬田監督は「初日を沢山の観客と迎える事が出来て、とても嬉しいです」と喜びのコメント。「『PARKS パークス』というタイトルの映画なのですが、舞台となった公園の思いが、過去から現在、そして映画をご覧になった皆さんそれぞれの思いと一緒になり、"パークス"となって…"スパーク"したら良いなと思います」と染谷演じるトキオさながらに韻を踏むと、会場からは笑いと拍手が起きていた。

当日は、井の頭公園公式キャラクター「ひゃくさいくん」が、初日を迎えた本作のお祝いに登場する一コマも。東京都西部緑地公園事務所の所長・大道と共に、主演の橋本に花束を贈呈。そして大道からは「映画の初日を迎えられたことを心よりお祝い申し上げます。井の頭公園は5月1日に100周年を迎えますが、1日から7日までの1週間、100周年のイベントを開催します。5月2日には、映画とコラボしたイベントも行う予定です。皆様ぜひ足をお運びいただけたらと思います」と発表し、会場を沸かせた。


映画『PARKS パークス』
2017年
4月22日(土)より、テアトル新宿、4月29日(土)より、吉祥寺オデヲン他にて全国順次公開!

橋本愛 永野芽郁 染谷将太
石橋静河、森岡龍/佐野史郎
監督・脚本・編集:瀬田なつき
音楽監修:トクマルシューゴ
エンディングテーマ:相対性理論「弁天様はスピリチュアル」
製作:本田プロモーションBASU
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:boid
2016/日本/カラー/118分/シネマスコープ/5,1ch

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

橋本愛

生年月日1996年1月12日(23歳)
星座やぎ座
出生地熊本県

橋本愛の関連作品一覧

染谷将太

生年月日1992年9月3日(27歳)
星座おとめ座
出生地東京都江東区

染谷将太の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST