彼らが再び帰ってくる! 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』ピーター・クイル役、山寺宏一インタビュー

ピーター・クイル役の山寺宏一

ピーター・クイル役の山寺宏一

宇宙の落ちこぼれが笑いとノリで銀河を救う! 自称“スター・ロード”ことピーター・クイル、セクシーな“ツンデレ暗殺者”ガモーラ、“銀河一凶暴なアライグマ”ロケット、ド天然な“マッチョの破壊王”ドラッグス、最終兵“木”のグルート。このマーベル史上最もヒーローらしくない(!?)チーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”が再び大暴れ! 新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』がいよいよ5月12日(金)より全国公開。

公開を前に、4月10日に行われた本作の「ギャラクシー・カーペット・イベント」直後に、前作に引き続きクリス・プラット演じるピーター・クイルの日本語吹替版声優である山寺宏一を直撃! ついにクリス本人と対面を果たしたイベントの感想や、本作への想いを聞いた。

(C)Marvel Studios 2017

(C)Marvel Studios 2017

「吹替のキャストだけでなく、ハリウッドからオリジナルキャストと監督もいらっしゃってるようなイベントは久しぶりですね。これだけ大きなイベントは初めてです」という山寺。ついにクリス本人に会った山寺だが、そこには驚きもあったという。

「舞台挨拶をする直前に初めてお会いして、僕は英語をしゃべれないので、軽い挨拶から始まったんですが、通訳の方が僕がピーター・クイルの役をやっていると伝えてくれると、クリスは『あなたですか!!』とすごく笑顔で反応してくれて。しかも『600以上のキャラクターやられてますよね?』と、僕が沢山の役をやっていることを(事前に調べて)知っていてくれたんですよ! さらに一緒に来ていた彼の奥さん(女優のアンナ・ファリス)に至っては『夫より才能があるわ!』みたいなことを言ってくれたので、『僕もそう思うよ』ってクリスもジョークで返したりして(笑)。もちろんサービス精神というのもあるんだろうけど、根っから明るくてフレンドリーでいい人なんだっていうのを感じましたね。監督やほかのキャストの方もそんな感じだったので、この作品のノリや楽しさというのはこういうところにも要因があるのかなと感じました」

イベントで本人と初対面(撮影:岸豊)

イベントで本人と初対面(撮影:岸豊)

同イベントにゲスト出演した声優陣(ロケット役・加藤浩次、ベビー・グルート役・遠藤憲一、そして今回から登場のマンティス役・秋元才加)についての印象も聞いてみた。

「吹替版として最初の作品がすごいいい出来だったので、そのキャストで続けられてよかったなと思います。加藤さんと遠藤さんとはこういう機会じゃないとなかなかお会いできないですし、僕が尊敬している2人でもあるので。加藤さんは芸人としてもキャスターとしても本当に尊敬していますし、お芝居も本当にうまいですよね。すごくセリフにリアリティがあるので、声優としても凄い魅力的ですよ。遠藤さんは僕と同い年。尊敬する俳優ですし、悔しいくらい良い声を持っているので、またご一緒できて嬉しいですね。秋元さんは、変わった役なんですけど、もう本当にピッタリでお見事! パンフレットには“不思議ちゃん”と書いてありますけど、とってもとってもユニークな役で可愛らしい役。彼女はアイドルはもとより、舞台や特撮まで、色んな仕事をしていますよね。最初から『AKBの中で演技派は秋元才加』と周りから聞いていましたから。彼女がAKB時代に、ラジオドラマで一回だけ一緒になって。共演はそれ以来かな? でも当時から『ゆくゆくは女優になるんだろうな』と思っていたので、今回共演出来てとても嬉しかったですね」

5月に行われたイベントにて。彼らの役どころはこれで覚えよう!

5月8日に行われたイベントにて。彼らの役どころはこれで覚えよう!

本作で演じるのは2度目となるわけだが、山寺にとってのピーター・クイルとはどんな人物なのか?

「ピーターが“はみ出し者のお調子者”というのは確かにそうで、彼は急にダンスをし始めてみたり、ガモーラを口説いてフラれたり、ロケットと本気になってくだらない言い合いをしてみたりとか、色んな要素を併せ持つ人物。その“色んな要素を持っている”というところをしっかり表現しないといけないと思っていますね。(登場キャラクターが)実はみんないろんな過去を持っていて、ピーターは地球人の母に育てられて、でもお父さんはよくわからない。しかも幼い時にヨンドゥというとんでもない盗賊の一団にさらわれて、脅されながら育ったというそんな人生ですから。そういうことも考えて、クリス・プラットは演じているのかなと思って、自分もそういうところはちゃんと理解してやらないといけないなと思いました。まあ、あんまり考え過ぎるのは良くないんですけどね。根はすごい明るい、クリス・プラットそのまんまな感じでしたね」

(C)Marvel Studios 2017

(C)Marvel Studios 2017

前作では主人公のピーターですら多くを語られていなかったが、本作ではそのあたりが一気に明らかになる。

「前作では、父親がはっきりとわからないのが謎でしたが、今回は父親が出てきますから。僕はすんなりとは出てこないと思っていたんですが、意外と『あら!? いきなり!』っていう感じで登場して(笑)。この父親に関しては、想像を絶する展開になりますので、びっくりすると思いますよ。『そこまで!?』かつ『なるほど!』という感じです」。

(C)Marvel Studios 2017

(C)Marvel Studios 2017

ちなみに、すでに発表になっているが、シルベスター・スタローンが本作に参加。声はおなじみのささきいさおだ。

「できればこういうのは知らないで観た方が面白いと思いますね。僕はこの情報が出る前に観たので『あれ?? スタローンじゃん』ってビックリしました。でも、前作もそうですけど、意外な人がパッと出てくるじゃないですか。そういうお楽しみもあるし、これだけスケールの大きな作品なので、ハリウッドスターたちも出たいと思っているんじゃないですかね。最高に楽しい作品なので」

山寺宏一とささきいさおの共演は観られるのか!? その辺も含め、前作より格段にパワーアップしたハジケっぷりをスクリーンで確認して欲しい。


映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
2017年5月12日(金)日本公開

原題:Guardians of the Galaxy Vol. 2
監督:ジェームズ・ガン
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、カート・ラッセル 他
配給表記:ウォルト・ディズニー・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST