ギャング映画にオープンカーはあり得ない!?映画『夜に生きる』定説を覆す写真解禁!

『夜に生きる』

『夜に生きる』/​(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『アルゴ』ベン・アフレックが監督・脚本・主演を務めた最新作『夜に生きる』(原題:Live By Night)が5月20日(土)より公開となる。このたび、ギャング映画の定説を覆す、車にまつわるエピソードと、車マニア垂涎のクラシックカーが登場する場面写真が到着した!

オープンカーでこれまでの“バリア”を崩す…

舞台は禁酒法時代のボストン。野心と度胸さえあれば権力と金を手に入れられる狂騒の時代、厳格な家庭に育ったジョーは、警察幹部である父に反発し、やがてギャングの世界に入りこんでいく…。

『ゴッドファーザー』シリーズや、『アメリカンギャングスター』『レザボア・ドッグス』といった名作ギャング映画に匹敵する良質作品として、全米ではベンに“ポスト・クリント・イーストウッド”と呼び声が上がるほどの高評価を記録している。

『夜に生きる』

『夜に生きる』/(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

そんな本作ではアメリカを代表するクラシックカーが多く登場し、作品を彩っていることもみどころだ。

主人公・ジョー(ベン・アフレック)の相棒であるディオン(クリス・メッシーナ)が乗り回す車は、1928年型フランクリン・コンバーチブル・クーペ(写真:トップ)。禁酒法時代に実在したギャング、アル・カポネは1929年式の「キャデラックV16」を装甲車並みに改造して身を護っていた事で有名だが…。オープンカースタイルのこの車は、常に命を狙われるギャングにとっていささか危険な車種と言えるだろう。

しかし車両を手配したスタッフ・フレイタスが「典型的な昔のギャング映画の車は、主に暗めの色のモデルが使用されていました。でもベンは、少しそのバリアを破り、色と変化を見せたいと考えていました。1920年代には、200以上の自動車メーカーがありましたから、選択肢は十分でした」とコメントしている。ギャング映画のイメージを覆すべくこの車が採用されたことを明かした。

『夜に生きる』

『夜に生きる』/(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

またフレイスタは主人公・ジョーの車について「相棒・ディオンの愛車に乗っていたジョーですが、4ドアの幌つきオープンカーで、現代のロールスロイスに匹敵するほど最高級の1931年型リンカーン・モデルKにグレードアップしていきます。ジョーが明らかに金と権力を得たことがこれを見ればわかります」と話した。作品を語る上でもクラシックカーが、重要な役割を果たしていることを明かした。


映画『夜に生きる』
5月20日(土) 丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他全国ロードショー

監督:ベン・アフレック
キャスト:ベン・アフレック、エル・ファニング、ブレンダン・グリーソン、クリス・メッシーナ、シエナ・ミラー、ゾーイ・サルダナ、クリス・クーパー他
配給:ワーナー・ブラザース映画

フォトギャラリー

アルゴ

アルゴ

出演者 ベン・アフレック  ブライアン・クランストン  アラン・アーキン  ジョン・グッドマン  ヴィクター・ガーバー  テイト・ドノバン  クレア・デュヴァル  スクート・マクネイリー  ケリー・ビシェ  クリストファー・デナム
監督 ベン・アフレック
製作総指揮 デヴィッド・クローワンズ  ニーナ・ウォラースキー  クリス・ブリガム  シェイ・カーター  グレアム・キング  ティム・ヘディントン
脚本 クリス・テリオ
音楽 アレクサンドル・デスプラ
概要 「ザ・タウン」のベン・アフレックが監督・主演を勤め、79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、実際にCIAが行った驚愕の救出作戦を描く実録ポリティカル・サスペンス。1979年11月。革命直後のイランで、アメリカ大使館占拠事件が発生する。その際、裏口から6人の職員が秘かに脱出し、カナダ大使の私邸に逃げ込んでいた。しかしこのままではイラン側に見つかるのは時間の問題で、そうなれば公開処刑は免れない。にもかかわらず、彼らの救出は絶望的な状況だった。そこで国務省から協力を求められたCIAの人質奪還の専門家、トニー・メンデスは、ある計画を練り上げる。それは、架空の映画企画をでっち上げ、6人をロケハンに来たスタッフに偽装させて出国させるというあまりにも奇想天外なものだった。

 作品詳細・レビューを見る 

アメリカン・ギャングスター

アメリカン・ギャングスター

出演者 デンゼル・ワシントン  ラッセル・クロウ  キウェテル・イジョフォー  キューバ・グッティング・Jr.  ジョシュ・ブローリン  テッド・レヴィン  アーマンド・アサンテ  ジョン・オーティス  ジョン・ホークス  カーラ・グギーノ
監督 リドリー・スコット
製作総指揮 スティーブン・ザイリアン  マイケル・コスティガン  ブランコ・ラスティグ  ニコラス・ピレッジ  ジム・ウィテカー
脚本 スティーブン・ザイリアン
音楽 マルク・ストライテンフェルト
概要 実在の人物をモデルに、独自の麻薬ビジネスで暗黒街に台頭していく男と、粘り強い捜査で黒幕へと迫る実直な刑事との熾烈な駆け引きをスリリングに描いた犯罪サスペンス。主演はデンゼル・ワシントンとラッセル・クロウ。監督はリドリー・スコット。1968年、ニューヨーク。亡きボスの跡を継いだ黒人ギャングのフランクは、独自の麻薬ルートを開拓し、その成功で麻薬王の座に上り詰めていく。一方、ニュージャージーの刑事リッチーは、警官の汚職が当たり前の時代に一切不正を働かず浮いた存在に。そんな彼はある時、麻薬捜査チームのリーダーに抜擢され、やがてフランクの正体を突き止めるが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ベン・アフレック

生年月日1972年8月15日(47歳)
星座しし座
出生地

ベン・アフレックの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST