綾野剛、剣道アクション映画『武曲』の魅力を熱弁「生きているだけで希望なんだなと、皆様に体感してただける」

綾野剛

綾野剛

映画『武曲 MUKOKU』の完成披露舞台挨拶が15日に都内で行われ、キャストの綾野剛村上虹郎前田敦子風吹ジュン小林薫柄本明、そしてメガホンを取った熊切和嘉監督が出席。作品の魅力について綾野は「この作品を最後まで通して見ていただいた中に、本当に生きているだけで希望なんだなと、皆様に体感してただけると思います」と語った。

>写真をもっと見る

父親との決闘のせいで生きる気力を失った主人公・矢田部研吾(綾野)と、類稀な剣の才能を秘める高校生・羽田融(村上)が、それぞれの過去を抱えながら剣道でぶつかり合う姿を描く本作。熊切組への思いを聞かれた綾野は、「熊切監督とは5年前に一度ご一緒させていただいて、その時は熊切組に入る喜びのほうが強く出過ぎてしまい、現場では非常に地に足がついていない状態だったんです。気づいたら撮影はもう終わってしまっていて、次が許されるならまた必ずやりたいなと思っていたんですが、熊切監督は会う度に『また必ずやろう』と仰ってくれていて...。それから5年が経ち、その間の中で、自分の鮮度を高めて、最高の状態で現場に突入できるようにと思っていました」と述懐。

一方、綾野に勧められて原作を読んだという村上は、激しいアクションについて、「雨と風と墨が降ってきます。ドロドロで、足場もぐちゃぐちゃの中で、『男がぐちゃぐちゃになって何してるんだろ...?』って二日間撮影している間に思いました」と告白。しかし、「楽しかったです」と笑顔で語り、「ちょこちょこケガして、ちょっと突き指したりした時に、剛さんが誰よりも、制作部さんよりも早く『はい、アイシング!』って言って、すぐ持ってきて治療法とか教えてくれて、『こんな頼りになる人っているんだ、しかも俳優さんだ』と思いました」と綾野に感謝の言葉を送った。

これを受けた綾野は、「勧めたって言ってくれたんですけど、半分は企てていて。僕は脚本を読んでいて、映画化の話も知っていたんですけど、本人は知らなかったので、“『武曲』っていう作品があって、この作品に出てくる融っていう役は、すごく虹郎に合っていると思うな~...。読む?”みたいな感じで読んでもらったら、案の定引っかかってくれたんです。『この役やりたいっす!自分!』って。『あ、これ大丈夫だな』みたいな。そういう流れです」と笑顔で“企て”を明かした。

物語に絡めてライバルを問われた綾野は、「別の作品で研さんという役をやっていまして(笑)」とジョークを飛ばし、会場を沸かせる一コマも。改めて作品の魅力を聞かれると、「いろいろな感情が入り混じっている作品です。ただ一つだけ本日挙げさせていただくならば、誰しもが誰かの子供であったんだということです。父や母、どうしても、そういう風に断定してしまう環境にありますが、それでも誰かの子供だったんだということ。そして、生きていること自体が希望であるということです。この作品を最後まで通して見ていただいた中に、本当に生きているだけで希望なんだなと、皆様に体感してただけると思います」と熱弁。

また「最後、彼(村上)と一緒に渾身の、アクションではなく、剣道をやっております。そこを最後まで見届けていただけたら幸いだなと思いますし、この作品を一人でも多くの方に届けていただいて、『武曲 MUKOKU』という作品を愛してくださったら幸いです」とも話していた。

原作者の

原作者の藤沢周と一緒に

(取材・文:岸豊)


映画『武曲 MUKOKU』
2017年6月3日、全国ロードショー

【物語】
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光村師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった──。

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明
監督:熊切和嘉
脚本:高田亮
音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

前田敦子

生年月日1991年7月10日(28歳)
星座かに座
出生地千葉県

前田敦子の関連作品一覧

小林薫

生年月日1951年9月4日(68歳)
星座おとめ座
出生地京都府京都市

小林薫の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST