女性向け&男性向けの野村萬斎!『花戦さ』“新ビジュアル”2バージョンが解禁

(C)2017「花戦さ」製作委員会

(C)2017「花戦さ」製作委員会

映画『花戦さ』から、女性向け、男性向けそれぞれに制作された2バージョンのビジュアルが解禁。主人公・池坊専好を演じた野村萬斎が「(専好は)太閤・秀吉に対して武力ではなく、“花の力”で諌め、心を開かせるべく奮闘しているんです。非常に奥行のある映画です」と語るように、大きな歴史の裏側で一人の花僧(仏に花を供えることで、人々の幸せと世の安寧を祈る僧侶)が、自らの命を賭して友の無念を晴らそうと、絶対的な権力者であった豊臣秀吉(市川猿之助)に花の力で挑む姿が、一部明らかになった。

本作は、京都・頂法寺六角堂というお寺の花僧・専好が、友である千利休(佐藤浩市)を秀吉の命令により殺害され、その無念を晴らすべく、命を懸け、たった一人で秀吉に戦いに挑む姿を描く物語。果たして、太閤・秀吉に立ち向かうべく、花僧・専好が考えた前代未聞の秘策とは?

 

(C)2017「花戦さ」製作委員会

先んじて3月に劇場で掲出されたポスタービジュアルは、色鮮やかな花を基調とし、「秀吉ギャフン!」というコピーと共に、明るく天真爛漫な専好を、表情豊かな登場人物たちが取り囲むエンタメ色が強いものとなっていたが、今回解禁された女性向けビジュアルは、ユリの花を手に持った専好が、決意を胸にまっすぐ前を見据えている横顔を収めたシンプルなもの。

大きなユリの花がインパクトを残しているほか、全体的に散りばめられた淡い色使いは、専好が花や人々のことを想い、深く愛する温かい気持ちを表現しているという。

 

(C)2017「花戦さ」製作委員会

一方の男性向けビジュアルには、映画でもキーとなっている登場人物、織田信長(中井貴一)、秀吉、前田利家(佐々木蔵之介)といった名だたる戦国武将たちが集結しており、利休の重厚感ある表情からは彼が直面する苦難が伺える。また、自分の生き方に悩みつつ友の死に直面したことで、秀吉と一世一代の大勝負を決意した専好の、目に強い光を宿した精悍な顔つきも印象的だ。「友(利休)の無念、我が命に懸け秀吉に挑む! 秘策あり」というコピーも味わい深い。

この2つの新ビジュアルは、東京都内主要駅にて5月22日より、デジタルサイネージで展開される。果たして専好は、どんな秘策で秀吉に挑むのか?公開に向けて、期待が高まる。


映画『花戦さ』
6月3日(土)全国公開

【出演】 野村萬斎(池坊専好)市川猿之助(豊臣秀吉)中井貴一(織田信長)佐々木蔵之介(前田利家)佐藤浩市(千利休) 高橋克実(吉右衛門)山内圭哉(池坊専伯)和田正人(池坊専武) 森川葵(れん)吉田栄作(石田三成) 竹下景子(浄椿尼)

【脚本】森下佳子
【音楽】久石 譲
【監督】篠原哲雄
【原作】鬼塚 忠『花戦さ』/角川文庫刊
【配給】東映

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

中井貴一

生年月日1961年9月18日(57歳)
星座おとめ座
出生地東京都

中井貴一の関連作品一覧

佐々木蔵之介

生年月日1968年2月4日(50歳)
星座みずがめ座
出生地京都府

佐々木蔵之介の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST