リドリー・スコット監督『エイリアン』最新作で12度目の全米制覇!

 

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

5月19日、日本公開を控える映画『エイリアン:コヴェナント』が全米3761館で公開となり、19日~21日の3日間で3600万ドル(約40億円)を記録。リドリー・スコット監督作品として、12本目の全米NO.1作品となった(Boxoffice Mojo調べ)。38年前の『エイリアン』が初めての全米No.1作品となって以来、38年の間に、『ブラック・レイン』『G.I.ジェーン』『グラディエーター』『ブラックホーク・ダウン』『アメリカン・ギャングスター』『オデッセイ』などの質実ともに映画史に残る傑作&ヒット作を送り出してきたスコット監督のフィルモグラフィーに、また新たな代表作が加わった。

 

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

38年前の『エイリアン』で初の全米第一位を記録し、再び“エイリアン”というタイトルを冠した本作で、記念すべき12本目の全米NO.1(初登場第一位は10本目)を獲得したスコット監督。11月30日で80歳となるが、今年だけで『エイリアン:コヴェナント』を始め、プロデュース作品の『オリエント急行殺人事件』、製作総指揮を務めた『ブレードランナー 2049』、トム・ハーディを主演に迎えたTVシリーズ「タブー」の製作総指揮など、映画・TVで11本作品をプロデュースし、来年以降の作品としては既に13本を手掛けることが発表されている。

まさしく“ハリウッドで最も多忙”な存在であるスコット監督だが、『エイリアン:コヴェナント』を監督&製作するため、『ブレードランナー 2049』では製作総指揮に回った背景があり、この事実からは、彼にとって本作が如何に特別な作品であるかという事が窺える。


映画『エイリアン:コヴェナント』
2017年9月全国公開

監督:リドリー・スコット
出演:マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン
配給:20世紀フォックス映画

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

リドリー・スコット

生年月日1937年11月30日(81歳)
星座いて座
出生地

リドリー・スコットの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST