永野芽郁、山本美月に公開謝罪!山本は「こんな芽郁ちゃん『ピーチガール』でしか見れない」と笑顔

山本美月と永野芽郁/(C)2017「ピーチガール」製作委員会 

山本美月と永野芽郁/(C)2017「ピーチガール」製作委員会

27日、映画『ピーチガール』キャストの山本美月永野芽郁による女子会舞台挨拶を実施。劇中で小悪魔ぶりを披露した永野は公開謝罪を行ったものの、山本は「こんな芽郁ちゃん『ピーチガール』でしか見れないですよ! ありがとうございます!」と笑い飛ばした。

>二人の写真をもっと見る

5月20日に全国公開を迎えた本作は、週末興行収入ランキングにおいて、実写邦画1位を獲得する大ヒットを記録。ヒロイン・ももを演じた山本と、もものクラスメイト・沙絵を演じた永野は、観客に映画大ヒットの感謝の気持ちを込めて、“もも型(ハート型)”のピンクのマシュマロのお菓子を配りながら登場した。

この日は“女子会”舞台挨拶ということで、「今だから話せるぶっちゃけ話」を展開。公式サイトを通じて事前に募ったアンケートを元に、「見た目は派手だけど、中身は超ピュア」なももの“最強ピュアシーン”と、ももに異様な敵意を燃やして邪魔ばかりする「見た目は天使だけど、中身は悪魔」な沙絵の“最凶極悪シーン”について、それぞれランキング化して、発表を行っていくことになった。

ももの“最強ピュアシーン”第1位には「Lポーズ」が選ばれた。これには会場からも「あぁ~~!!」と納得の声が続出。「Lポーズ」は、カップルになったももととーじが、二人だけのヒミツのサインとして、LOVEをもじって親指と人差指でアルファベットの“L”をつくるというもの。劇中で、幸せ絶頂のももが授業中にとーじに向かってLポーズをするシーンが、見事に第1位に輝く形となった。これを受けた永野は、「女子友達4人くらいと、授業中にふざけてクラスメイトの男子に対してウインクをいきなりするみたいなことをやってました」と告白。山本が思わず「沙絵じゃん!(笑)」とツッコミを入れると、会場も大爆笑だった。

一方、永野が演じた沙絵の“最凶極悪シーン”第1位には、もはや犯罪と言うほかない、恐ろしすぎる「ももホテル誘拐事件」が選ばれた。永野は「全部最低だと思う。本当にごめんなさい!!」と山本に頭を下げて公開謝罪。しかし山本は「こんな芽郁ちゃん『ピーチガール』でしか見れないですよ!ありがとうございます!」と小悪魔女子を演じ切った永野を讃え、これには会場からも温かい拍手が起こっていた。


映画『ピーチガール』
公開中

出演:山本美月 伊野尾慧 (Hey! Say! JUMP) 真剣佑 永野芽郁
原作:上田美和『ピーチガール』(講談社「別冊フレンド」刊)
脚本:山岡潤平
音楽:蔦谷好位置(agehasprings)
監督:神徳幸治
配給:松竹
制作:ファインエンターテイメント

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST