【金ロー】『ベスト・キッド』は…「ベタだからこそスッキリする」映画!

金曜ロードSHOW!『ベスト・キッド』が放送!

金曜ロードSHOW!『ベスト・キッド』が放送(※画像は公式サイトより引用

6月2日放送の日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」では、1985年公開の同名映画をリメイクした『ベスト・キッド』が放送される。公開当時、往年のアクションスター、ジャッキー・チェンと、ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスの共演が大きな話題を呼んだ。

最初に忠告すると、本作は決して“予想外の展開”や“大どんでん返し”を楽しみにして観る映画ではない。なぜならストーリー展開がベタ中のベタなのだ! しかし、そんな王道の展開だからこそ、鑑賞後のスッキリ感が堪らなく気持ちいいのである…。

【あらすじ】
父を亡くした少年ドレ(ジェイデン・スミス)は、転勤する母に連れられ北京へとやって来る。言葉や文化の違いに戸惑いつつも近所の美少女に心ときめかせるドレ。ところが、同じ学校に通ういじめっ子のカンフー少年チョンの標的になってしまう。そんなある日、彼はアパートの管理人ハン(ジャッキー・チェン)に助けられる…。

「ジャイアン×スネ夫」をやっつけろ!(※感情移入)

超簡単にいうと本作は「いじめられっ子が、強くなって、いじめっ子をやっつける」というシンプルなストーリーだ。そこには非常に分かりやすい“勧善懲悪モノ”の魅力がある。

本作の悪役は、中国で出会ったカンフーの達人少年・チョン(ワン・ツェンウェイ)。ドラえもんで例えるならジャイアンのパワープレイとスネ夫のイヤミ節を掛け合わせたような理不尽すぎるキャラクターだ。そんなシンプルに「イヤな奴」に立ち向かう主人公・ドレの姿は応援せずにはいられない! 近年、奇をてらうような展開の作品が多い中、本作のどストレートな展開には無条件でスッキリすること間違いなしだ。

シンプルだからこそ、人間ドラマが奥深い…

またベタでシンプルだからこそ、登場人物たちの人間模様や心理描写は奥深い。

主人公・ドレはアメリカから中国に引っ越してきた、いわば“移民”なのである。言葉、食事、ライフスタイル…馴染のない東洋の文化に翻弄され、しまいにはイジメに怯える日々。映画前半「もう、帰りたい!」と母親に泣きつくドレの姿には、思わず「帰ろう!アメリカに帰ろう!ブラザー!」と声を掛けたくなるほど…。そんな新しい環境で四苦八苦する気持ちは誰しもが共感できるポイントだろう。

そんなドレを支えるのが、ジャッキー・チェン演じるハンの存在だ。これまた“冴えないおじさんが実はカンフーの達人”というベタなキャラ設定だが、その姿がとにかくシブくてかっこいい! 『SRサイタマのラッパー』入江悠監督も、本作について「(ジャッキーが)“伝道者”側へと回っています。枯れたオッサンとして弟子にカンフーを教えるという設定だけで泣けます」と大絶賛(コメント全文はこちら)。言葉数少なく無愛想なおじさんがいじめられっ子を鍛え上げる姿は、まさに中国版『グラン・トリノ』といっても過言ではない。そんなハンとドレ、ふたりの心が通い合っていく様も必見だ。

アクション、ラブストーリー、コメディのベタな三点盛!

本作のみどころは、ジャッキー、ジェイデンらのキレキレカンフーアクションだけではなく、ドレの淡い恋物語も必見だ! 名家の出身で音楽学校の受験を控えるお嬢様のメイ(ハン・ウェンウェン)と、デトロイト出身でHIP-HOP好きのドレ。身分差の禁じられた恋もコテコテなラブストーリーだが、そのベタな設定に目が離せない…。また、メイの奏でる「ノクターン第20番 遺作」は彼女のキャラクター像を印象づけると同時に、映画の世界観に幅広さを与えている。

そして、筆者の一押しは本作のギャグセンスだ。冒頭の飛行機のシーンや、ハンの食事のシーンなど、しっかりとしたフリとオチで、ベタに美しいユーモアを完成させている。また、父親ウィル・スミスを彷彿とさせるジェイデンの豊かな表情が、本作のコメディ要素に華を添えているのも見逃せない。

(文・nony)

フォトギャラリー

グラン・トリノ

グラン・トリノ

出演者 クリント・イーストウッド  ビー・ヴァン  アーニー・ハー  クリストファー・カーリー  コリー・ハードリクト  ブライアン・ヘイリー  ブライアン・ホウ  ジェラルディン・ヒューズ  ドリーマ・ウォーカー  ジョン・キャロル・リンチ
監督 クリント・イーストウッド
製作総指揮 ジェネット・カーン  ティム・ムーア  ブルース・バーマン
脚本 ニック・シェンク
音楽 カイル イーストウッド  マイケル・スティーヴンス[音楽]
概要 「ミスティック・リバー」のクリント・イーストウッド監督が、自ら主演して世の中に怒れるガンコ老人を演じた感動の人間ドラマ。急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者の偏屈老人が、ひょんなことから隣人のアジア系移民家族と思いがけず交流を深めていくさまをユーモアを織り交ぜつつ綴る。長年勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワルスキー。ある日、彼が大切にする庭で、隣に住むモン族の気弱な少年タオが不良少年グループに絡まれていた。彼らを追い払おうとして、結果的にタオを助けることになったコワルスキーは、これを機にタオの家族から何かとお節介を焼かれるハメになるが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジャッキー・チェン

生年月日1954年4月7日(65歳)
星座おひつじ座
出生地香港

ジャッキー・チェンの関連作品一覧

ジェイデン・スミス

生年月日1998年7月8日(21歳)
星座かに座
出生地米・カリフォルニア・ロサンゼルス

ジェイデン・スミスの関連作品一覧

ウィル・スミス

生年月日1968年9月25日(51歳)
星座てんびん座
出生地米・フィラデルフィア

ウィル・スミスの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST