高杉真宙×葵わかなの共演で描く等身大の青春とは?映画『逆光の頃』予告編が到着

 

(C)タナカカツキ/講談社・2017東映ビデオ/マイケルギオン

OL風の女性「フチ子」が腰をかけるフィギュア「コップのフチ子」の原案者であり、ギャグイラストの「バカドリル」 でなどで知られる異才の漫画家タナカカツキの名作を実写化した映画『逆光の頃』。高杉真宙葵わかなの共演でも注目される本作から、予告編とポスターが解禁となった。

>初出しの場面写真を見る

1988年〜1989年に「コミックモーニング」と「モーニングOPEN」にて連載され、2009年には新装版も発売された原作は、全12編から構成。日常と非日常、夢と現実の双方を行き来する少年のゆらめきときらめきを、京都の街を背景に鮮やかに紡ぎ出し、その叙情性は高く評価された。本作ではその中から、「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編と、オリジナルのパートを映像化している。

監督・脚本を手掛けるのは、2013年公開の『ももいろそらを』が第24回東京国際映画祭 日本映画・ある視点部門で作品賞、次作『ぼんとリンちゃん』も日本映画監督協会新人賞を受賞するなど、作品を手掛けるたびに注目を集める俊英・小林啓一。主演は『PとJK』『トリガール!』などでブレイク必至の若手俳優・高杉真宙。また、主人公が恋する幼なじみを葵わかなが演じる。

解禁となった予告編は、主人公・孝豊(高杉)が見せる思春期ならではの感情を切り取っている。截金(きりかね/仏像等に金箔を張り合わせ、文様を表現する伝統工芸)を生業とする父、いつか音楽で食っていきたいと夢を抱く同級生の公平(清水尋也)、現在とその先の未来を見据えて何かに没頭する彼らと、自分がこれからどこに向かうのかわからず、漠然とした不安に身動きがとれないでいる孝豊の表情が印象的だ。また、そんな孝豊を明るく照らす幼馴染・みこと(葵)の、愛らしく快活な存在感も輝きを放つ。

完成披露上映会の実施が決定

6月10日(土)、高杉や葵らが登壇する完成披露上映会の実施も決定。チケット販売は5日の正午よりスタートする

日時:6月10日(土)
15:00~16:06 本編上映(66分)
16:10~16:36 舞台挨拶(26分)
場所:新宿シネマカリテ(東京都新宿区新宿3丁目37−12 新宿NOWAビル)
登壇者:高杉真宙、葵わかな、清水尋也、小林啓一監督
※当日、やむを得ない理由で変更となる可能性もございます。
チケット購入方法:6月5日(月)正午(12時)より、新宿シネマカリテのオンラインチケットにて独占販売開始
料金:2,000円均一


映画『逆光の頃』
7月8日(土)より、新宿シネマカリテほか全国順次公開

脚本・監督:小林啓一(映画『ももいろそらを』『ぼんとリンちゃん』)
原作:タナカカツキ「逆光の頃」(講談社「モーニングKC」所載)
出演:高杉真宙、葵わかな、清水尋也、金子大地、田中壮太郎
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

タナカカツキ

生年月日1966年10月7日(52歳)
星座てんびん座
出生地大阪府東大阪市

タナカカツキの関連作品一覧

高杉真宙

生年月日1996年7月4日(22歳)
星座かに座
出生地福岡県

高杉真宙の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST