【えっ…通学中!?】 シリーズ最新作『スパイダーマン』の高校生らしい姿が解禁!

通学途中のスパイダーマン!?

通学途中のスパイダーマン!?/(C)Marvel Studios 2016. (C)2016 CTMG. All Rights Reserved.
『スパイダーマン:ホームカミング』

スパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』が8月11日(祝・金)に日本公開。 このたび、スパイダーマンの“高校生らしい”劇中写真が解禁となった!?

若干15歳、現役高校生スパイダーマンの素顔とは…?

今回解禁となるのはスパイダーマンでありながらもまだまだ15歳の高校生であることが垣間見える場面写真となっている。

>【フォトギャラリー】場面写真をもっとみる

通学途中なのか、黄色いリュックを背負い暗い倉庫に忍び込むスパイダーマン、さらには予告映像でのピーターとのやり取りに注目が集まるトニー・スタークの運転手兼個人秘書のハッピー・ホーガンを後ろに、トニーに何かさとされるように浮かない表情で歩いていたり、ピーターがスパイダーマンであることを知る友人ネッド・リードと校内の廊下を歩く様子、授業中の実験の一コマなど、スパイダーマンの素顔が15歳のどこにでもいる高校生であることを感じさせる内容となっている。

さらには本作でスパイダーマン最大の敵となるバルチャーことアドリアン・トーメスが暗い部屋の中、台に持たれながら何かを企んでいるかのように不気味な表情を浮かべている。スパイダーマンを中心とした人間関係に加え、徐々に明らかとなっていく物語に早くも公開の期待が高まる場面写真だ。

主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じるのは英国アカデミー賞でライジングスター賞を受賞した20歳の新進気鋭の英国俳優トム・ホランド。スパイダーマンの生みの親スタン・リーに「トム・ホランドはスパイダーマンの役をやるために生まれてきた」と言わしめるほどの逸材。すでに世界中から人気と期待を集めている。 トニー・スターク/アイアンマン役には同役での出演がこれで8作目となるロバート・ダウニーJr.。スパイダーマンが対峙する敵・バルチャーを『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートン、ピーターの叔母であるメイおばさん役には『レスラー』のマリサ・トメイらベテラン勢が支える。

>【フォトギャラリー】場面写真をもっとみる


映画『スパイダーマン:ホームカミング』
8月11日全国公開

全米公開:2017年7月7日
監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』
キャスト:トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニー・Jr(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)、マイケル・キートン(『バットマン』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アベンジャーズ』)、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタラン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST