最新作『フィフティ・シェイズ・ダーカー』公開記念-魅力的なメンズに奪い合われる映画4選

映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』

映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』/(C)2016 UNIVERSAL STUDIOS

全世界興収5億7千万ドル以上という大記録を打ち立てた2015年の大ヒット映画の第2章『フィフティ・シェイズ・ダーカー』が、6月23日(金)より公開。本作の公開を記念して、「魅力的なメンズに奪い合われる映画」を一挙にご紹介!

第2章は、友人に上司も迫ってくる…

映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』

映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』(C)2016 UNIVERSAL STUDIOS

恋愛未経験の純粋な女子大生アナと、歪んだ形でしか女性を愛することが出来ないグレイの過激で濃厚な恋愛が切なくも情熱的に描かれた前作。続編である本作では、他の女性に抱くことがなかったアナへの“愛情”に気づいたグレイが一途にアナにアプローチをかけ、物語がより一層ドラマティックに展開していく。しかし、それを邪魔するかのようにグレイの目の前には魅力的で強力なライバルたちが出現。アナが働く出版社の上司ジャック・ハイド(エリック・ジョンソン)は、アナにグレイがいると知っておきながらもオフィスの密室で積極的に距離を縮め、前作でアナに失恋してしまった友人のホセ(ヴィクター・ラセック)もまた健気にアナを想い続ける。

そんなタイプの全く違う彼らにアナはどう答えるのか…? 前作で激しい恋に落ちたグレイとの関係はどうなってしまうのか…!?アナとグレイ、2人だけの恋愛が激しく描かれていた前作から一転、本作では魅力的なメンズがアナを取り囲む展開に物語の行方が気になるだけでなく、誰もが憧れるほどの羨ましいシチュエーションに乙女は興奮させられること必至です!

そしてこの度、そんな本作にちなんで、乙女なら誰もが憧れる<魅力的なメンズに奪い合われる映画>をピックアップ! 一人で見ればあなたも映画のヒロイン気分となり、また女友達と見れば“私は○○派!”と女子会で盛り上がれること間違いなし! 『フィフティ・シェイズ・ダーカー』の過激で魅力的なメンズに翻弄される前に、一度ウォーミングアップしてみては?

本当は繊細でツンデレな野獣VSちょっぴり強引でハンサムな俺様男

『美女と野獣』公開中 

ディズニーアニメの名作を「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化!

魔女の呪いで醜い野獣の姿に変えられた王子(ダン・スティーヴンス)の前に突然村一番の美しい娘ベル(エマ)が現れる。ベルは攻撃的だった野獣に最初は怯えつつも彼の持つ本当の優しさに気づき、また野獣も自身の醜い見た目を気にせず接するベルに心惹かれていく…。一方、ベルに想いを寄せていたナルシストのガストン(ルーク・エヴァンス)はベルを守るため強引に野獣を倒そうと決意するが…。

繊細な心を持ちながらも素直になれないツンデレ野獣と、ちょっぴり強引すぎるところもあるけど見た目はハンサムなガストン、どちらの魅力も捨てがたく美味しいシチュエーションに悶絶!

不器用だけどとてつもなく魅力のある彼VSひたすらに優しくいつも傍にいてくれる親友

『溺れるナイフ』(16) 

『溺れるナイフ』(16)

好評レンタル&発売中

漫画家・ジョージ朝倉の同名少女コミックを山戸結希がメガホンを取り実写映画化した青春ラブストーリー。

父親の都合で田舎町に引っ越すこととなった夏芽(小松菜奈)は、町で有名な神主の一族であるコウ(菅田将暉)と出会い、彼の持つ不思議な魅力に心を奪われる。そしてコウもまた、この町では異質な夏芽の美しさに次第に惹かれていくのだが…。

年頃独特のコウの不器用な”好き”の表し方と、ただ真っすぐにコウに惹かれる夏芽のもどかしい恋愛に胸キュン炸裂!また、夏芽が心傷ついたときにいつも傍にいてくれる大友勝利(重岡大毅)の優しい存在は、今まさに流行りの2番手男子の象徴ともいえます!

⇒作品紹介・レビューを見る

危険でロマンチストなCIA VS 知的で紳士なCIA

『Black & White/ブラック & ホワイト』(12)

親友かつライバル同士のCIAエージェントが同じ女性を好きになり、1人の女性を奪い合うアクションラブコメディ。

任務で闇商人を追うも失敗し、謹慎処分となったFDR(クリス・パイン)とタック(トム・ハーディ)。暇になってしまったタックは恋人紹介サイトでローレン(リース・ウィザースプーン)と知り合うが、なんとFDRもローレンをナンパしており、ローレンを巡って精鋭チームとハイテク兵器を駆使したバトルが勃発する…。

CIAならではの技術をフルに使い、相手のデートを邪魔する派手なアプローチは前代未聞! あなたが肉食系女子であれば、2人の男を2股かけて楽しむローレンの立場を味わってみても良いかも!?

⇒作品紹介・レビューを見る

クールで美しいヴァンパイアVSマッチョで情熱的なオオカミ

『トワイライト』 シリーズ(09)

『トワイライト』 シリーズ(09)

好評レンタル&発売中

ヴァンパイアと少女の禁断の恋を描き、全世界でシリーズ累計4,200万部を売り上げたベストセラー小説を実写映画化!転校してきた内気なヒロインのベラ(クリステン・スチュワート)は謎めいた美少年に心を奪われるが、彼は現代に生きるヴァンパイア(ロバート・パティンソン)で、さらにベラの幼馴染のジェイコブ(テイラー・ロートナー)はヴァンパイアの宿敵、オオカミ族の一員だった!

ヴァンパイアとオオカミ族によるファンタジックで夢のような恋愛対決にメロメロになる女子が続出している本シリーズだが、「フィフティ・シェイズ」シリーズの原作者E L ジェイムズも本作に影響され小説を執筆したようで、乙女心を鷲掴みするシチュエーションやセリフがここから生まれているのも納得!

⇒作品紹介・レビューを見る


映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』
6月23日(金)より全国公開

キャスト:ダコタ・ジョンソン/ジェイミー・ドーナン/リタ・オラ/キム・ベイシンガー/マーシャ・ゲイ・ハーデン
監督:ジェームズ・フォーリ-
脚本:ナイアル・レオナルド
原作:E・L・ジェイムズ「フィフティ・シェイズ・ダーカー」(早川書房刊)
配給:東宝東和

フォトギャラリー

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

出演者 ジェイミー・ドーナン  ダコタ・ジョンソン  ルーク・グライムス  ヴィクター・ラサック  エロイーズ・マンフォード  マーシャ・ゲイ・ハーデン  リタ・オラ  マックス・マーティーニ  カラム・キース・レニー  ジェニファー・エール
監督 サム・テイラー=ジョンソン
製作総指揮 マーカス・ヴィシディ  ジェブ・ブロディ
脚本 ケリー・マーセル
原作者 E・L・ジェイムズ
音楽 ダニー エルフマン
概要 世界中の女性を虜にした一大ベストセラーを映画化した官能ラブ・ロマンス。主演はジェイミー・ドーナンとダコタ・ジョンソン。監督は「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」のサム・テイラー=ジョンソン。巨大企業の若きCEOと恋に落ちた女子大生を待ち受ける純粋な愛と倒錯した官能の世界を綴る。大学生のアナ・スティールは、学生新聞の取材で若き実業家クリスチャン・グレイにインタビューすることに。恋愛経験もなく、世間知らずなアナは、ハンサムで謎めいたグレイにたちまち心惹かれる。一方のグレイも、地味でウブなアナを新鮮に感じ、興味を持つ。ほどなく2人は急接近。やがて、グレイの住む超高層ビルのペントハウスに招かれるアナだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

トワイライト~初恋~

トワイライト~初恋~

出演者 クリステン・スチュワート  ロバート・パティンソン  ビリー・バーク  ピーター・ファシネリ  エリザベス・リーサー  ニッキー・リード  アシュリー・グリーン  ジャクソン・ラスボーン  ケラン・ラッツ  カム・ジガンデイ
監督 キャサリン・ハードウィック
製作総指揮 カレン・ローゼンフェルト  マーティ・ボーウェン  ガイ・オゼアリー  ミシェル・インペラート・スタービル
脚本 メリッサ・ローゼンバーグ
原作者 ステファニー・メイヤー
音楽 カーター・バーウェル
概要 ステファニー・メイヤーの同名ベストセラー・シリーズを映画化したファンタジー・ロマンスの第1作。転校生のヒロインとヴァンパイアの美少年との禁断の恋と、彼女を巡るヴァンパイア同士の熾烈な抗争を描く。主演は「パニック・ルーム」のクリステン・スチュワートと「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のロバート・パティンソン。母の再婚を機に父親と暮らすため、太陽あふれるアリゾナから霧に包まれた小さな町に引っ越してきたベラ。彼女は転入先の高校で、完璧な美しさを持つ謎めいた青年エドワードに出会い、心奪われる。やがて彼の正体をヴァンパイアと突き止めたベラは、恐れるどころかますます恋心を募らせるのだが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST