伊藤沙莉、須賀健太W主演『獣道』公開記念!ギラギラした青春映画のオールナイト上映開催!

『キッズ・リターン』、『岸和田少年愚連隊』、『青い春』を上映!

映画『キッズ・リターン』/(C)1996バンダイビジュアル/オフィス北野

伊藤沙莉須賀健太W主演の青春ブラックコメディ『獣道』が、7月15日(土)より、シネマート新宿ほか全国公開。このたび、本作の公開を記念して、ギラギラした青春映画を集めたオールナイトイベントが、7月8日(土)に東京・シネマート新宿にて開催することが決定した!

35mmによる一夜限りの傑作特別上映!

宗教団体、ネグレクト、少年犯罪、性産業など大人に翻弄される地方都市の若者たちを、実話をベースに描いた本作。その公開を記念して、『キッズ・リターン』、『岸和田少年愚連隊』、『青い春』の青春映画の傑作を3作品が35mmフィルムにて一夜限りの特別上映となる。

『キッズ・リターン』

『キッズ・リターン』

好評レンタル&発売中

当時新人俳優だった安藤政信と金子賢をこの世に送り出し、高校時代の二人の親友が巡った栄光と挫折の道筋を鮮烈かつ残酷に描いた、言わずと知れた北野武監督の青春映画の傑作。

⇒作品紹介・レビューを見る

『岸和田少年愚連隊』

『岸和田少年愚連隊』

好評レンタル&発売中

『ガキ帝国』『パッチギ!』の井筒和幸監督が、ナインティナインを主役にケンカに明け暮れる男子高校生達を描いたオモシロ青春グラフィティ。

⇒作品紹介・レビューを見る

『青い春』

『青い春』

好評レンタル&発売中

『ポルノ・スター』『ナイン・ソウルズ』の豊田利晃監督が、主演に松田龍平、新井浩文らを迎えて描いた、「ピンポン」などで知られる松本大洋の同名短編集コミック原作の男子校を舞台に繰り広げられる不良学生たちの痛切までな青春群像劇。

⇒作品紹介・レビューを見る

■イベント概要

映画『獣道』公開記念!青春映画オールナイト!

日時:7月8日(土)22:40~スタート(終映:翌7月9日AM4:50頃)
会場:シネマート新宿 スクリーン1 (新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル6F)
上映作品:
・『岸和田少年愚連隊』(1996年/井筒和幸監督)(106分)
・『キッズ・リターン』(1996年/北野武監督)(107分)
・『青い春』(2001年/豊田利晃監督)(83分)
※すべて35mmフィルム上映。上映順未定
ゲスト:未定
料金:2,100円均一(税込)
チケット販売:2017年6月22日(木) 18:00より オンライン、劇場窓口とも販売開始
シネマート新宿オンラインチケット予約サービス
上映に関する問い合わせ:シネマート新宿 TEL:03-5369-2831
シネマート新宿 公式ホームページはこちら

『獣道』各界から絶賛コメントも!

また今回、『獣道』に、「GTO」の作者藤沢とおる、行定勲監督などから、本作への絶賛応援コメントも到着した!

藤沢とおる(漫画家) コメント

落ちていく者、上がっていく者。
青春映画としては獣過ぎますがw
沙莉の転がり方に非常にハラハラさせられました。

行定勲(映画監督)コメント

ハンパないドライブ感、メチャクチャ面白かった!ひっぱって、ひっぱって、転がり堕ちていく。なのに、内田英治の描くどん底の青春映画はなぜか爽やかで好きだ。

外川康弘(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭東京事務局長) コメント

個人的に上半期のベスト作品。俳優陣をありきたりな使い方をせずに、思い切ったキャラを引き出し、それに俳優も応えるかのようにスクリーンに強い印象を残してくれている。
好きなキャラは不良少年だけど、実は内面が心優しいヤンキーを演じたアントニー。


映画『獣道』
2017年7月5日(土)シネマート新宿レイトショーほか全国公開

監督:脚本:内田英治(『下衆の愛』)
出演:伊藤沙莉、須賀健太、アントニー、吉村界人、韓英恵、冨手麻妙、松本花奈、川上奈々美、毎熊克哉、マシュー・チョジック、矢部太郎、でんでん、広田レオナ、近藤芳正
撮影:伊藤麻樹(『リアル鬼ごっこ』)
プロデューサー:アダム・トレル
製作:Third Window Films/Libertas /MOVE
制作:NAC
宣伝:フリーストーン〈2017年/日本、イギリス/カラー/94分〉

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

須賀健太

生年月日1994年10月19日(25歳)
星座てんびん座
出生地東京都

須賀健太の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST