三浦貴大の主演映画『栞』クランクアップ!新キャスト・監督のコメントも到着

映画『栞』で主演を務めた三浦貴大/(C)栞製作委員会

映画『栞』で主演を務めた三浦貴大/(C)栞製作委員会

三浦貴大の主演映画『栞』が、6月15日に大分県別府市にて約二週間の撮影を行い、無事にクランクアップ。白石聖、鶴見辰吾の出演も明らかになり、キャストおよびメガホンを取った榊原有佑監督からのコメントも到着した。

本作は、家族、仲間、様々な境遇を持つ患者たちと向き合いながら、前に進もうとする理学療法士の葛藤を描いたヒューマンドラマ。三浦は理学療法士の主人公・高野雅哉を演じている。雅哉を献身的に支える妹の高野遥を演じたのは、約300名のオーディションを勝ち抜いた新人女優・白石聖だ。

一方、雅哉の父親で、公立中学校の教員ながら脳腫瘍により入院している高野稔を演じるのは、韓国映画『密偵』の公開も控える鶴見辰吾。監督は、元理学療法士という異色の経歴を持つ榊原有佑が務めた。本作は、榊原監督が理学療法士時代に見聞きしたことを元にしたオリジナルストーリーとなっている。キャスト・監督のコメントは下記の通り。

■三浦貴大(主人公・高野雅哉役)
本当に楽しい現場で撮影を終えて良い作品になる予感がしてます。僕自身は主演として何か特別な事が出来たわけではないですが周りのスタッフや演者の方々、何よりも大分の方々のご協力があって無事に撮影を終えることができました。本当に感謝してます。

■白石聖(高野遥役)
重厚な内容ですが現場の雰囲気は暖かく大分の方々の優しさに触れて、あっという間な撮影期間でした。経験もまだまだ浅い私ですが、この作品を通して私自身何か成長出来た様な気がします。本当にありがとうございました。

■鶴見辰吾(高野稔役)
短い撮影期間だったけど、三浦貴大さん、白石聖さんと本当の家族になり得たような感覚に到達できた。とはいえ、果たして私は榊原監督の強い思いに応えられた演技ができたのかはいまだに不安だ。限られた条件の中で、真心のこもった映画を作る現場にいられたのは俳優冥利に尽きる。外科手術のシーンは本物の医師が忙しい中出演してくれた。この映画をサポートしてくれた全ての方に感謝したい。

■榊原有佑監督
約2週間の撮影期間でタイトなスケジュールではあったものの素晴らしいキャスト・スタッフに囲まれ満足のいく撮影を行うことができました。梅雨入りしていたのにもかかわらず天候にも恵まれ、これから編集作業に入りますが必ず良い作品になると確信しています。公開はまだ先ですが楽しみにお待ちいただけたら幸いです。


映画『栞』
2018年秋 公開予定

三浦貴大
白石聖/鶴見辰吾
監督:榊原有佑
脚本:眞武泰徳
制作:andpictures
制作協力:プラスディー
協賛:日本理学療法士協会

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

三浦貴大

生年月日1985年11月10日(33歳)
星座さそり座
出生地東京都国立市

三浦貴大の関連作品一覧

鶴見辰吾

生年月日1964年12月29日(53歳)
星座やぎ座
出生地東京都

鶴見辰吾の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST