須賀健太、ヤンキーの乱闘シーンに本音「絶対勝てない!」映画『獣道』メイキング特別映像解禁

映画『獣道』 (C)third window films

映画『獣道』 (C)third window films

伊藤沙莉、須賀健太がW主演を務め、宗教団体、ネグレクト、少年犯罪、性産業など大人に翻弄される地方都市の若者たちを実話ベースで描いた青春ブラックコメディ『獣道』が、7月15日より、シネマート新宿ほか全国公開する。今回、迫真の乱闘シーンに挑む須賀のメイキング特別映像が解禁。併せて、伊藤沙莉のクランクアップ後の感涙コメント、そして本作で伊藤の演技の虜になった吉田恵輔監督からの絶賛コメントが到着した。

とある地方都市で生まれ、親の愛を知らずに育ち、自分の居場所を求めて、宗教施設や風俗の世界へ身を転じていく少女・愛衣(伊藤)。愛衣の唯一の理解者であり、彼女に恋する少年・亮太(須賀健太)。ともに居場所を求め続ける二人の純情は、やがて地方都市というジャングルに飲み込まれていき...。

ヤンキーたちの派閥争いの乱闘シーンで、番長役のアントニーと闘うことになった須賀は、カットの声がかかると思わず「めっちゃ怖いよ!絶対勝てないよ!」と本音をポロリ。鬼気迫る本気の喧嘩シーンののちに須賀が見せる素顔には、思わず頬が緩んでしまう。

メイキング映像には、ほんわかとした卓球対決も収録。内田英治監督が「このシーンは役者たちに演技をしてもらうのをやめてもらいました。なのでこのシーンでの彼らはほぼ素の状態で楽しんでいるのだと思います。役柄を忘れてもらうのも大切なことだと感じました。青春ていいな。若いっていいな」と語るように、このシーンは本編の中でも、居場所のない若者たちがつかの間の「友情」を感じる重要なシーンになっている。

ハードな役どころに挑んだ伊藤は「こういう役は初めてだったので、本当に不安とか迷いとか葛藤とか沢山あったけど、みなさんのおかげで毎日楽しく色々刺激を受けながら、愛衣を全うできたんじゃないかなって思っています」とコメント。また「自分がどんなお芝居をしたのか全然自信を持てませんが、とりあえず終わったんで(笑)、本当に本当に毎日支えられていました。本当にありがとうございました」と感謝の気持ちを語った。

内田監督も「早い段階で彼女と役作りについて話し合いました。日本の映画作りにおいて役者とじっくりと役について話し合うことはなかなか難しいのですが、インディペンデントスタイルということもあり、そこはお互い納得するまでやりました。彼女は、主人公が変化していく過程など、自分なりの演技を引き出そうと必死でした。今回の撮影を通して、多くの監督たちを魅了する理由がよくわかりました。演技はもちろん、存在そのものがとても個性的な女優なのです。今後もどんな女優になるのか、とても楽しみです」と伊藤の演技を賞賛し、今後の活躍に期待を込めている。

【吉田恵輔(映画監督)コメント】
沙莉が素晴らしい。死ぬほど素晴らしい。彼女の為なら死ねる!私が今、一番仕事したい人が伊藤沙莉。その彼女の魅力をここまで引っ張り出す演出に嫉妬すら覚え、コメント書くのに躊躇してしまう。とは言え、皆に見てもらい、沙莉の素晴らしさを共有したい!


映画『獣道』
7月15日(土)シネマート新宿ほか全国公開

伊藤沙莉 須賀健太 アントニー 吉村界人
韓英恵 冨手麻妙 松本花奈 川上奈々美 毎熊克哉 マシュー・チョジック 矢部太郎 でんでん 広田レオナ 近藤芳正
監督・脚本:内田英治(『下衆の愛』)アダム・トレル
製作:Third Window Films
配給:スタイルジャム
2017年/日本、イギリス/カラー/94分

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

須賀健太

生年月日1994年10月19日(24歳)
星座てんびん座
出生地東京都

須賀健太の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST