トム・クルーズが“モンスター映画愛”を語る!『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』特別映像到着!

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』/(C)Universal Pictures

『魔人ドラキュラ』(31)、『フランケンシュタイン』(31)など、ユニバーサル・スタジオのモンスター映画のリメイク・シリーズ化プロジェクト「ダーク・ユニバース」。そのシリーズ第一弾にあたる『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』が7月28日(金)より公開となる。このたび、主演を務めるトム・クルーズの特別映像が到着した!

トムは、三度目の飯よりモンスター映画が大好き!?

ミイラというキャラクターの原型である作品『ミイラ再生』(32)を新しく生まれ変わらせた本作。今回到着した映像では、主演のトム・クルーズのオリジナル作品への敬意が映し出されている。

ユニバーサル・スタジオのモンスター映画について、アレックス・カーツマン監督は「ユニバ―サルはモンスター映画の先駆者だ」、ニックと共に行動する、本作のヒロインである考古学者のジェニー役を演じたアナベル・ウォーリスは「トラウマや喪失感が人をモンスターに変えてしまう」、5000年の時を経て蘇り、人類への復讐を始める王女アマネット役を演じたソフィア・ブテラは『ミイラ再生』では主人公のミイラに深く共感できる」などとそれぞれに説明。アレックス監督は「この遺産を受け継いでいきたい」と力強く語ります。「スリル満載の古典ホラーを現代の観客に届けることができて最高の気分だ」と満足気にコメントを寄せるトム。『フランケンシュタインの花嫁』(35)の中に登場する「神々とモンスターの新世界に」という有名なフレーズを、ラッセル・クロウ演じるヘンリー・ジキル博士にも使用させていることからもオリジナル・モンスターに対する敬意が映像からもビシビシと伝わるだろう。

本作においてクリエイティブ・パートナーとしてもチームに加わることになったトムは「子供の頃に見て怖かったよ」と振り返るが、製作人と同様、モンスター映画を見て育った1人で、エンターテイナーの道を選ぶ上で影響を受けただけでなく、本作への出演のきっかけにもなったと語る。モンスター映画に対する想いは人一倍強いようで「観客はモンスターが勝つのを見たいと思っている。だからこそ、ストーリー展開が面白く感じられる。モンスターに恐怖を感じるけど、同時に共感も抱く。彼らは超越した存在なんだ」と熱く説明するトムですが、本作について「この作品も本当に恐ろしくて、なおかつオリジナル作品の優雅さと雰囲気を併せ持っている」と語っていることからも、作品への仕上がりに対する自信が窺える。

ダーク・ユニバースの次回作には、『美女と野獣』の監督ビル・コンドンがメガホンをとる『フランケンシュタインの花嫁』(仮題)を予定している他、今後、透明人間をジョニー・デップが、フランケンシュタインの怪物をハビエル・バルデムが演じることが決定しているなど、今後も大きな盛り上がりをみせるダーク・ユニバース作品の記念すべき第一弾となる本作に是非ご期待ください!


映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の女王』
2017年7月28日(金) 全国ロードショー

監督:アレックス・カーツマン
プロデューサー:アレックス・カーツマン、クリス・モーガン、ショーン・ダニエル
エグゼクティブプロデューサー:サラ・ブラッドショウ
脚本:ジョン・スぺイツ、クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ジェイク・ジョンソン、コートニー・B・ヴァンス/ラッセル・クロウ
配給:東宝東和

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

トム・クルーズ

生年月日1962年7月3日(57歳)
星座かに座
出生地

トム・クルーズの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST