新生スパイダーマン:トム・ホランド来日!『スパイダーマン:ホームカミング』

トム・ホランド『スパイダーマン:ホームカミング』

トム・ホランド『スパイダーマン:ホームカミング』/(C)Marvel Studios 2016. (C)2016 CTMG. All Rights Reserved.

スパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』が8月11日(祝・金)に日本公開! このたび、本作で主人公のピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じる21歳の英国俳優トム・ホランドの初来日が決定! 日本へのメッセージ映像も到着した!

レジェンドたちも大絶賛! 最注目株のトム・ホランド

本作はアイアンマンに憧れ、アベンジャーズになりたいという情熱だけは誰にも負けないが、まだまだヒーローとしては未熟な15歳の高校生ピーター・パーカーが、スパイダーマンとなり、真のヒーローに成長していく物語。

そんな新生スパイダーマンを演じたのは、イギリス出身の注目若手俳優トム・ホランド。スパイダーマンの生みの親スタン・リーには「トム・ホランドはスパイダーマンの役をやるために生まれてきた!」と言わしめるほどの逸材。トニー・スターク/アイアンマンを演じるロバート・ダウニーJr.は「トム・ホランドを見つけたのはとてつもない偉業だ!」と賛辞を送り、マーベルスタジオの製作社長ケビン・ファイギは「トム・ホランドは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でスーパーヒーローの座を1人でかっさらった。今存在する最も素晴らしいヒーローだよ!」と太鼓判を押している。ヒーロー映画を知り尽くすレジェンドたちが口をそろえてトム・ホランドを大絶賛している、

撮影中、多くのスタントをトムホ自身でこなしたという驚異の身体能力は、子役時代に出演したミュージカル「ビリー・エリオット」での器械体操のトレーニング経験が生かされており、スパイダーマンのオーディションでもアクロバティックな能力を大いにアピールしたそう。トムホ自身のinstagramにも度々アップされる映像でも細マッチョで見事なバク宙を見せており、まるで「リアル・スパイダーマン」だ。さらには、アメリカの超人気番組『リップシンクバトル』においてリアーナの『アンブレラ』で本気の"口パク"&"ダンス"パフォーマンスを披露。その驚異的なポテンシャルの高さに全世界を熱狂の渦に巻き込んだ。

そんなトムホは初来日について「すごくエキサイティングだよ! 日本にはずっと行きたかったんだ!今まで経験したことがない日本の文化を経験できるなんて最高にうれしいよ!」と語り、日本のファンに向けて、「日本のみなさん、お元気ですか? トム・ホランドです。僕は新しいスパイダーマンを演じています。日本でみなさんに会えることにとてもワクワクしています。日本のみなさんに会って、素晴らしい時を過ごすことをとても楽しみにしています!」と爽やかなコメントを寄せている。

なお、トム・ホランドの初来日となる8月7日(月)にはトムホ本人の登壇も予定されているジャパンプレミア開催も決定!


映画『スパイダーマン:ホームカミング』
8月11日全国公開

全米公開:2017年7月7日
監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』
キャスト:トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニー・Jr(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)、マイケル・キートン(『バットマン』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アベンジャーズ』)、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタラン

フォトギャラリー

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

出演者 クリス・エヴァンス  ロバート・ダウニー・Jr  スカーレット・ヨハンソン  セバスチャン・スタン  アンソニー・マッキー  ドン・チードル  ジェレミー・レナー  チャドウィック・ボーズマン  ポール・ベタニー  エリザベス・オルセン
監督 アンソニーANDジョー・ルッソ
製作総指揮 ルイス・デスポジート  ヴィクトリア・アロンソ  パトリシア・ウィッチャー  ネイト・ムーア  スタン・リー
脚本 クリストファー・マルクス  スティーヴン・マクフィーリー
音楽 ヘンリー・ジャックマン
概要 マーベル原作の大ヒット・シリーズ「キャプテン・アメリカ」の第3弾にして“アベンジャーズ”の豪華再結集で贈るヒーロー・アクション超大作。最強チーム“アベンジャーズ”が意見の対立から2つに分裂、それぞれが信じる正義を胸に敵・味方に別れて壮絶な戦いを繰り広げるさまを描く。監督は前作「ウィンター・ソルジャー」に引き続きアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ。数々の危機を救ってきた“アベンジャーズ”だが、彼らを国連の監視下に置くことが議論され、その対応を巡ってアイアンマンとキャプテン・アメリカは激しく対立してしまう。そんな中、ウィーンで新たなテロ事件が発生し、キャプテン・アメリカの旧友バッキーが容疑者として指名手配される事態となり、重い決断を迫られるキャプテン・アメリカだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST