【本編映像】 大ヒット中の『美女と野獣』から、名曲「ひとりぼっちの晩餐会」シーンが解禁!

(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

4月21日に公開され、週末3日間で興行収入13億7,876万5,600円、動員95万1,214人を記録し、あの『アナと雪の女王』を越える大ヒットスタートを切った映画『美女と野獣』から、日本での大ヒットを祝福するにぴったりの本編映像が到着した。

初解禁となったのは、野獣の城で囚われの身となったベル(エマ・ワトソン)をお城の住人たちが心を込めてもてなす 「Be Our Guest(ひとりぼっちの晩餐会)」のシーン。アカデミー賞8回受賞を誇るディズニー音楽の巨匠アラン・メンケンが手掛けた名曲を、ルミエール役のユアン・マクレガーが歌いあげる華やかな一幕だ。

完成までに1年が費やされ、映画1本つくることができるくらいの費用がかけられたという本シーン。監督のビル・コンドンは“観客にはエマ・ワトソン(ベル)と同じ場所に座っている気持ちになり、目の前でステージの幕が開き、すばらしい舞台を見るという疑似体験をして欲しい”という考えのもと、最高のスタッフと取り組んだそうで、映画を見た観客からは「ディズニーランドに来たみたいに、楽しい気持ちなる!」などの声が上がっている。

ネット上では歌声についても盛り上がりを見せており、ユアンの美声に歓喜する一方で、プレミアム吹替版で声優を務める成河の声に「声に惚れた」「演技も歌も最高」「ユアンに全然負けてない成河さんのルミエール素敵」といった絶賛の声が相次いでいる。

そんな日本のファンの声を受け、マクレガーが歌う字幕版とともに、成河の歌声も評判が高いプレミアム吹替版バージョンも解禁となった。魅力溢れる二人の声を一気に堪能できる、ここだけの贅沢クリップをご堪能あれ。


映画『美女と野獣』
大ヒット公開中

監督:ビル・コンドン
出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス
原題:Beauty and the Beast
全米公開:2017年3月17日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST