00年代に大ブームを巻き起こした2作品が復活!『プリズン・ブレイク シーズン5』『24 -TWENTY FOUR- レガシー』

『24 -TWENTY FOUR-』と『プリズン・ブレイク』という大ヒットシリーズの最新作は新味とスリルが倍増!

『24 -TWENTY FOUR- レガシー』

『24 -TWENTY FOUR- レガシー』

キーファー・サザーランド製作総指揮! 新たな主人公が大規模テロ阻止に挑む

キーファー・サザーランド演じるCTU(テロ対策ユニット)捜査官ジャック・バウアーが大人気を博したアクションシリーズの新作。新たな主人公は『ストレイト・アウタ・コンプトン』のコーリー・ホーキンス扮するエリック・カーターだ。彼とテロリストの息詰まる死闘がリアルタイムで描かれる。

『24 -TWENTY FOUR- レガシー』

[主人公]陸軍特殊部隊出身 エリック・カーター

陸軍特殊部隊を率い、イエメンでテロリストの首領ビンハリード(イーライ・ダンカー)を殺害。帰国後は平穏に暮らしていたが、ビンハリードの息子に狙われる。高い戦闘能力と洞察力が武器。

『24 -TWENTY FOUR- レガシー』

[CTU]メンバー一新! 旧局長と新局長の対立も

物語は、襲われたエリックが彼のイエメン任務を指揮した元局長レベッカ(ミランダ・オットー)に報告するところから始まる。レベッカと現局長や、新人分析官とレベッカに忠実な分析官の反目が、緊張感を高める。

[テロリスト]女子高生も一員! イスラム系過激派

敵はビンハリードの息子。彼はエリックの仲間に盗まれたテロ工作員リストを奪還し、全米で同時テロを起こそうとしている。計画にはチェチェン出身の女子高生らも協力、教師や生徒が巻き込まれる展開がリアルだ。

『24 -TWENTY FOUR- レガシー』(全6巻)

『24 -TWENTY FOUR- レガシー』(全6巻)

7.21 RENTAL & ON SALE
'17年・米
製作総指揮/キーファー・サザーランド
出演/コーリー・ホーキンス
【セル】9,600円(税抜/BOX)、12,000円(税抜/ブルーレイBOX)※
※TSUTAYA RECORDSで8月20日までに購入すると20%OFF!

⇒作品紹介・レビューを読む

(C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

『プリズン・ブレイク シーズン5』

『プリズン・ブレイク シーズン5』

マイケルは生きていた! 中東イエメンから決死の脱出劇

脱獄、逃走、黒幕との決戦という展開が受けてヒットしたサスペンスの第5期。第4期ラストと前作『〜ファイナル・ブレイク』で死んだと思われていた主人公マイケル(ミラー)は、実は生きていた。なぜかイエメンで投獄されている彼のため、その兄やかつての仲間たちが命懸けの救出劇を繰り広げる。

『プリズン・ブレイク シーズン5』

[メンバー]シーズン1からおなじみの顔ぶれが集結

第1期からの主要メンバーがズラリ。マイケルの兄リンカーン(ドミニク・パーセル)、最愛の人サラ(サラ・ウェイン・キャリーズ)、危険人物ティーバッグ(ロバート・ネッパー)らが従来の魅力そのままに躍動する。

『プリズン・ブレイク シーズン5』

[舞台]塀の外もテロの危険に満ちたイエメン

第3期のパナマ以来、米国外が舞台に。街ではテロが頻発し、イエメン国民ですら次々と出国するほど。マイケルがいる刑務所は大物テロリストがおり、外国人は敵視される。冒頭からかつてない緊迫感があふれている。

『プリズン・ブレイク シーズン5』

[陰謀]マイケルを陥れる秘密の存在“ポセイドン”“21ボイド”とは

マイケルはなぜ、はるか中東で投獄されたのか。本シリーズらしい陰謀劇は“ポセイドン”と“21ボイド”という存在が主導していることがわかってくる。米国ではサラと息子が襲撃され、ティーバッグは陰謀の正体に近づく。

『プリズン・ブレイク シーズン5』(全5巻)

『プリズン・ブレイク シーズン5』(全5巻)

8.11 RENTAL & ON SALE
'17年・米、英
製作総指揮・脚本/ポール・シェアリング
出演/ウェントワース・ミラー
【セル】7,200円(税抜/BOX)、9,000円(税抜/ブルーレイBOX)※
※TSUTAYA RECORDSで8月20日までに購入すると20%OFF!

⇒作品紹介・レビューを読む

(C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST