『あしたは最高のはじまり』公開記念-押さえておきたい仏俳優オマール・シ―の出演作まとめ

『あしたは最高のはじまり』公開記念-オマール・シー出演作ピックアップ!

『あしたは最高のはじまり』公開記念-オマール・シー出演作ピックアップ!​/PHOTO:JULIEN PANIÉ

『最強のふたり』で一躍世界的スターとなり、フランスで好感度NO.1俳優・コメディアンのオマール・シー最新主演作『あしたは最高のはじまり』が、9月9日(土)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、渋谷シネパレスほかにて全国公開。このたび本作の公開を記念して、 人気・実力ともにトップ俳優であるオマールの出演作をピックアップ!

フランス人気俳優オマール・シーの魅力とは…?

昨年本国フランスにて8週連続トップ10入りを果たし、2016年度フランス公開作で2番目のヒット作となったオマール・シーの最新主演作『あしたは最高のはじまり』。

オマール演じる元プレイボーイの父親とその娘の常識破りの絆に多くの人々が熱狂し、“新たなオマールの代表作”と言っても過言ではない、感動のエンタテインメント作品となっている。コメディアンとしてキャリアをスタートさせたオマールも今ではフランス一の人気俳優となり、昨年フランスの全国紙“ル・ジャーナル・デュ・ディマンシュ”が行ったセレブリティの人気投票で堂々の第1位に輝いている。また、近年ではハリウッド大作にも引っ張りだこのオマール。8月4日より公開中の『トランスフォーマー/最後の騎士王』では、新キャラであるホット・ロッドの声優を務めるなど、国内外からラブコールが止まらない!

全世界で驚異的ヒットを果たしたオマール・シーの出世作!

『最強のふたり』 

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)。彼の新しい介護人募集の面接にやって来たスラム街の黒人青年ドリス(オマール・シー)。失業手当をもらうための不採用の証明書がほしいという彼のふてぶてしい態度に興味を抱き、思いつきで採用してしまうフィリップ。ところが、障害者相手にも遠慮することなく本音で接するドリスは、他の誰よりもフィリップの心を解きほぐし、いつしか2人は固い絆で結ばれていく。

⇒作品紹介・レビューを見る

大人気マーベルシリーズでハリウッドデビュー!

『X-MEN:フューチャー&パスト』 

殺戮マシン、センチネル軍団が、ミュータントと彼らに協力的な人類を攻撃し始めた2023年。プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)とマグニートー(イアン・マッケラン)は、世界滅亡とセンチネル誕生を阻止すべく手を組み、50年前の世界にウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)を送り込む。当時の反目するミュータントたちを、ウルヴァリンはどう結束させ、危機を回避するのか。

⇒作品紹介・レビューを見る

『最強のふたり』の監督と再タッグ。移民の心優しい青年を好演!

『サンバ』

セネガルからフランスに出稼ぎに来て10年になる陽気で真面目な青年サンバ(オマール・シー)は、ビザの更新をうっかり忘れてしまったばかりに、いきなり国外退去を命じられてしまう。窮地に陥ったサンバを救おうと、移民支援協会のアリス(シャルロット・ゲンズブール)が尽力する。ところが、彼女は燃え尽き症候群に陥り大企業を休職中の身で、心に大きな傷を抱えていた。

⇒作品紹介・レビューを見る

コメディアンでもあるオマールがフランス初の黒人芸人として活躍した実在人物を熱演!

『ショコラ ~君がいて、僕がいる~』

フランス北部。落ちぶれた芸人フティット(ジェームス・ティエレ)は小さなサーカス一座で人食い族を演じる黒人青年カナンガ(オマール・シー)と出会い、コンビを組もうと提案する。カナンガはこれを快諾すると名をショコラと改め、ここに白人と黒人による前代未聞のコンビ“フティット&ショコラ”が誕生する。2人の芸はたちまち評判となり、噂を聞きつけたパリの名門サーカス団にスカウトされるのだったが…。

⇒作品紹介・レビューを見る

人気シリーズ第3弾。ラングドンを追う謎の男役でトレードマークの笑顔を封印!

『インフェルノ』 

ラングドン教授(トム・ハンクス)が目覚めたのは、なぜかフィレンツェにある病院の一室だった。過去2日間の記憶がない彼は、謎の刺客に命を狙われるも、女医シエナ(フェリシティ・ジョーンズ)の手を借り、どうにか病院から脱出する。そんな彼のポケットには身に覚えのないペンライトが。映し出されたのは、ダンテの神曲“地獄篇”を模した『地獄の見取り図』。そこに刻まれた“暗号”を探るうち、大富豪の生化学者ゾブリスト(ベン・フォスター)に辿り着くラングドンだったが…。

⇒作品紹介・レビューを見る


映画『あしたは最高のはじまり』
9月9日(土)より、角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、渋谷シネパレス他全国公開

監督:ユーゴ・ジェラン
出演:オマール・シー クレマンス・ポエジー アントワーヌ・ベルトラン グロリア・コルストン
原題:Demain Tout Commence
2016/フランス/カラー/5.1ch/スコープ/117分/G 配給:KADOKAWA
PHOTO:JULIEN PANIÉ

サンバ

サンバ

出演者 オマール・シー  シャルロット・ゲンズブール  タハール・ラヒム  イジア・イジュラン  イサカ・サワドゴ  エレーヌ・ヴァンサン  リヤ・ケベデ
監督 エリック・トレダノ  オリヴィエ・ナカシュ
脚本 エリック・トレダノ  オリヴィエ・ナカシュ  デルフィーヌ・クラン  ミュリエル・クラン
原作者 デルフィーヌ・クラン
音楽 ルドヴィコ・エイナウディ
概要 「最強のふたり」のオリヴィエ・ナカシュ&エリック・トレダノ監督が、同作のオマール・シーを再び主演に迎えて贈るコメディ・ドラマ。フランスで真面目に働きながらも国外退去の窮地に陥ってしまった移民青年サンバを主人公に、彼と彼を支援しようと集まった人々が織り成す心温まる人間模様を綴る。共演はシャルロット・ゲンズブール、タハール・ラヒム。セネガルからフランスに出稼ぎに来て10年になる陽気で真面目な青年サンバ。ビザの更新をうっかり忘れてしまったばかりに、いきなり国外退去を命じられてしまう。窮地に陥ったサンバを救おうと、移民支援協会のアリスが尽力する。ところが、彼女は燃え尽き症候群に陥り大企業を休職中の身で、心に大きな傷を抱えていた。

 作品詳細・レビューを見る 

インフェルノ

インフェルノ

出演者 トム・ハンクス  フェリシティ・ジョーンズ  イルファーン・カーン  オマール・シー  ベン・フォスター  シセ・バベット・クヌッセン  アナ・ウラル  ジョン・ドナヒュー  アイダ・ダーヴィッシュ  ポール・リッター
監督 ロン・ハワード
製作総指揮 デヴィッド・ハウスホルター  ダン・ブラウン  ウィリアム・M・コナー  アンナ・カルプ  ベン・ウェイスブレン
脚本 デビッド・コープ
原作者 ダン・ブラウン
音楽 ハンス・ジマー
概要 トム・ハンクスが宗教象徴学者ロバート・ラングドンを演じるダン・ブラウン原作の大ヒット・ミステリー・シリーズの第3弾。ラングドンがダンテの『神曲』の“地獄篇(インフェルノ)”に隠された暗号の謎に挑み、人類滅亡の危機に立ち向かう。共演はフェリシティ・ジョーンズ、ベン・フォスター。監督は引き続きロン・ハワード。ラングドン教授が目覚めたのは、なぜかフィレンツェにある病院の一室だった。過去2日間の記憶がない彼は、謎の刺客に命を狙われるも、女医シエナの手を借り、どうにか病院から脱出する。そんな彼のポケットには身に覚えのないペンライトが。映し出されたのは、ダンテの神曲“地獄篇”を模した『地獄の見取り図』。そこに刻まれた“暗号”を探るうち、大富豪の生化学者ゾブリストに辿り着くラングドンだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

フランソワ・クリュゼ

生年月日1955年9月21日(63歳)
星座おとめ座
出生地仏・パリ

フランソワ・クリュゼの関連作品一覧

ヒュー・ジャックマン

生年月日1968年10月12日(50歳)
星座てんびん座
出生地豪・シドニー

ヒュー・ジャックマンの関連作品一覧

オマール・シー

生年月日1978年1月20日(40歳)
星座やぎ座
出生地

オマール・シーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST