ベトナム映画『草原に黄色い花を見つける』ヴィクター・ヴー監督のインタビュー映像が解禁

(C)2015 Galaxy Media and Entertainment. All rights reserved.

(C)2015 Galaxy Media and Entertainment. All rights reserved.

8月19日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となる映画『草原に黄色い花を見つける』。本作のメガホンを取ったヴィクター・ヴー監督が、作品について語る様子を収めた特別映像が解禁となった。

ベトナムの人気作家グエン・ニャット・アインのベストセラー小説を映像化した本作は、1980年代後半のベトナム中南部の貧しい村に生きる兄弟と、幼馴染みの少女が織りなす淡い初恋を描く。ヴー監督は、緑豊かなフーイエン省の自然を背景に、初恋の悩みや嫉妬、別れの痛み、そして少年から大人になる瞬間を詩情あふれる映像で表現した。

本作では、“家族”というものの大切さを伝えたかったと明かすヴー監督は、「自分が心から伝えたかったのは、家族についてです。登場人物たちは家族ととても困難な時を過ごすけれどもとても結束している。どこへ行こうが、どんな結末を迎えようが、いつでも帰れる家がある。“家”それが家族。子供たちは家族の中で感謝することを学び、愛を知り、ありがたさを実感するんです」と語る。

子役の演出に話が及ぶと、「この子たちと映画を作れたのはラッキーそのもの。行儀がいいだけでなく、子役として感受性が豊か」とティン・ヴィン、チョン・カン、タイン・ミーに感謝のコメント。本作のヒットで3人の子役たちはベトナム映画界のみならず、CMやTVに引っ張りだこのスターとして忙しい毎日を送っているという。最後にヴー監督は「日本で公開されることをとても光栄に思っています。かつての自分と重ね合わせてみてもらえると嬉しいです」と日本の観客にメッセージを送っている。


映画『草原に黄色い花を見つける』
8月19日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

監督:ヴィクター・ヴー
脚本:ヴェエト・リン、ヴィクター・ヴー、ドアン・ニャット・ナム 
出演:ティン・ヴィン、チョン・カン、タイン・ミー、マイ・テー・ヒエップ
原題:Toi thay hoa vang tren co xanh 
2015/ベトナム/カラー/103分
配給:アルゴ・ピクチャーズ

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST