ロングラン中の『武曲 MUKOKU』第25回レインダンス映画祭に出品決定

 

(C)2017「武曲 MUKOKU」製作委員会

『私の男』の熊切和嘉監督の最新作で、『そこのみにて光輝く』の綾野剛が主演を務めた映画『武曲 MUKOKU』が、ロングラン公開中だ。『私の男』で、第36回モスクワ国際映画祭の最優秀作品賞と最優秀男優賞をダブル受賞し、本作も6月に行われた同映画祭に正式出品されるなど、国際的評価の高い熊切監督だが、今回、イギリス・ロンドンで開催される第25回レインダンス映画祭(9月20日~10月1日)のインターナショナル長編コンペティション部門に、本作が出品されることとなった。

レインダンス映画祭は、1992年に始まった欧州最大級のインディペンデント映画祭。一昨年は『野火』(塚本晋也監督)と『ソレダケ/that’s it』(石井岳龍監督)が、昨年は『二重生活』(岸善行監督)が、それぞれインターナショナル長編コンペティション部門に出品されており、貴重な日本映画発信の場として映画ファンから注目されている。また、第22回には、綾野が主演した『そこのみにて光り輝く』が同部門にて最優秀作品賞を受賞しているなど、綾野自身にとってもゆかりの深い映画祭である。


映画『武曲 MUKOKU』
公開中

【物語】
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光村師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった──。

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明
監督:熊切和嘉
脚本:高田亮
音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

前田敦子

生年月日1991年7月10日(28歳)
星座かに座
出生地千葉県

前田敦子の関連作品一覧

綾野剛

生年月日1982年1月26日(37歳)
星座みずがめ座
出生地岐阜県

綾野剛の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST