オダギリジョー主演『エルネスト』本予告映像&本ポスター解禁!

エルネスト

阪本順治監督の最新作『エルネスト』が、10月6日より公開する。本作は、オダギリジョー演じる実在の人物・フレディ前村が激動の時代を駆け抜け、祖国ボリビアでの抵抗運動に身を投じる姿を描いた感動のドラマ。今回、フレディ前村が革命家チェ・ゲバラの信念に共感し、祖国ボリビアの為に立ち上がり“もう一人のゲバラ”となっていく姿を映し出す最新予告映像と、本ポスターが解禁となった。

予告映像には、高い志をもった医学生のフレディ前村(オダギリジョー)が、ゲバラやカストロに大いに影響されていく姿が収められている。仔細な役作りを行ったオダギリの姿は、もはや現地人と見間違えるほど。クランクイン前に一人でキューバに入り、日光で日焼けし、体重を12キロ落とし、髪やひげ、爪を伸ばして作り上げた風貌は、“もう一人のゲバラ”と呼ぶに相応しい。また、カストロからの手紙を読んで革命に身を投じる決意を固めるシーンは、若き革命戦士が誕生する瞬間として印象的だ。

オダギリが約半年間で習得したというボリビア・ベニ州の方言交じりのスペイン語で、熱く、真っ直ぐに感情をぶつける姿からは、フレディの力強い信念が感じ取れる。一方、予告映像と同時に解禁された本ポスターは、キューバの国旗と澄み渡った青空が、美しいコントラストを形成。「世界は、変えられる」という、ゲバラとフレディの熱い思いを感じられるデザインに仕上がった。


映画『エルネスト』
10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー

《STORY》
50年前、チェ・ゲバラに“エルネスト”と名付けられ、行動をともにした、ひとりの日系人がいた―。キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

阪本順治

生年月日1958年10月1日(60歳)
星座てんびん座
出生地大阪府

阪本順治の関連作品一覧

チェ・ゲバラ

生年月日1928年6月14日(39歳)
星座ふたご座
出生地アルゼンチン・ロサリオ

チェ・ゲバラの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST