妖艶ドレスで登場の内田理央、ジャッキーちゃんとハリウッドデビュー!?映画『スキップ・トレース』ジャパンプレミア

 

左から、内田理央、ジャッキーちゃん、レニー・ハーリン監督

22日に都内で行われた映画『スキップ・トレース』のジャパンプレミアに、メガホンを取ったレニー・ハーリン監督、内田理央、ジャッキー・チェンのモノマネ芸人ジャッキーちゃんが出席。内田のアクションとジャッキーのモノマネを見たハーリン監督は、続編では2人を起用すると宣言(?)し、「キャストも揃ったことですし、明日から撮影を始めましょう。続編の舞台は日本です!」と語って会場を沸かせた。

>写真をもっと見る

世界中で愛されているアクション俳優ジャッキー・チェンと、『ジャッカス jackass』で知られるコメディアンのジョニー・ノックスヴィルが共演し、香港警察の刑事とアメリカ人詐欺師が世界中を舞台に繰り広げるドタバタ劇を描いた本作。メガホンを取ったハーリン監督は、今回が17年ぶりの来日となった。

当日は、日本のファンを代表して内田が花束を贈呈。「とっても面白かったです!アクションもものすごかったですし、ちょっとクスッと笑ってしまうシーンがたくさんあって、でも最後はウルっときてしまったり。バディものが大好きなので、終始とても興奮しながら見させていただきました」と作品を絶賛した内田は、「山だったりとか砂漠だったり、いろいろな場所で撮影をしたと思うんですが、トイレはあったんですか?」と素朴な質問を投げかける。

「トイレはなかったんですよ。だから私たちは、隅っこで隠れてしなければいけなかったんです」と笑顔で答えたハーリン監督は、「私はロケが好きなんです。自然の中で、新しい土地を訪れたりしながらできる撮影が大好きなんですよ。この作品は中国で手掛けた初めての作品になりましたが、内モンゴルからマカオまで、中国の様々な地域を見ることができて、とても良かったです。たとえ、トイレがなくてもね(笑)」と各国で行った撮影を満足そうに振り返った。

イベントでは、劇中のアクション・シーンにマトリョーシカが登場することから、内田とハーリン監督が、鏡割りならぬマトリョーシカ割りを行う一幕も。2人のパンチによって割られたマトリョーシカからは、ジャッキーのモノマネ芸人として活躍しているジャッキーちゃんがサプライズで登場。

ジャッキーちゃんによるジャッキーの特徴をとらえたモノマネを見たハーリン監督は、「素晴らしいですね。彼を起用すれば、続編の製作費を削減できますよ」とコメント。また、即興でしなやかなアクションを見せた内田についても「(ヒロイン役の)ファン・ビンビンも起用する必要はありません。彼女を起用しましょう」とべた褒め。さらに「キャストも揃ったことですし、明日から撮影を始めましょう。続編の舞台は日本です!」とジョークを飛ばして会場を沸かせていた。

(取材・文・写真:岸豊)


映画『スキップ・トレース』
9月1日(金)全国ロードショー

監督:レニー・ハーリン
出演:ジャッキー・チェン、ジョニー・ノックスヴィル、ファン・ビンビン
提供:カルチュア・パブリッシャーズ KADOKAWA
配給:KADOKAWA 2016年/アメリカ・中国・香港合作/107 分

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジャッキー・チェン

生年月日1954年4月7日(65歳)
星座おひつじ座
出生地香港

ジャッキー・チェンの関連作品一覧

ジョニー・ノックスヴィル

生年月日1971年3月11日(48歳)
星座うお座
出生地アメリカ・テネシー州ノックスヴィル

ジョニー・ノックスヴィルの関連作品一覧

レニー・ハーリン

生年月日1959年3月15日(60歳)
星座うお座
出生地フィンランド

レニー・ハーリンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST