【映像】主演・二宮和也『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』最新予告が到着!

映画『ラストレシピ~麒麟の下の記憶~』

映画『ラストレシピ~麒麟の下の記憶~』/(C)2017 映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」製作委員会 (C)2014 田中経一/幻冬舎

主演・二宮和也×滝田洋二郎監督(おくりびと)で贈る、映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』11月3日(金・祝)に全国公開。このたび、本作の最新予告映像が解禁となった!

70年前のレシピに秘められた物語とは…?

70年前に天皇の料理番・山形直太朗(西島秀俊)が考案した幻のフルコース。歴史に消えたその伝説のレシピの謎を追うのは、どんな味でも再現できる=絶対味覚“麒麟の舌”を持つ天才料理人・佐々木充(二宮和也)だった…。

>予告は公式Youtubeページへ

1930年代に山形(西島)が考案した伝説のフルコース「大日本帝国食菜全席」の再現を依頼されたのは、70年後の現在で究極の味覚を持つ天才料理人・佐々木(二宮)。映像には本作の見どころのひとつでもある豪華絢爛な料理、そして、その再現のためにレシピの謎 に奔走する佐々木(二宮)の姿。さらには燃えるレシピと激昂する三宅(竹野内)の姿などシリアスなワンシーンも解禁となっている。

共演には、西島秀俊、綾野剛宮﨑あおい西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、竹野内豊ら超豪華俳優陣が出演。そして、本作の企画を担当する秋元康をはじめ、製作陣も日本最高のチームが集結。原作は、伝説のTV番組「料理の鉄人」を手がけた作家・田中経一。脚本は永遠の0(2013)で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した林民夫。さらに、絢爛豪華なメニューの映像化と出演者への調理指導には料理界の重鎮・服部幸應が全面協力している。


『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』 
2017年11月3日全国東宝系公開

企画:秋元康 
監督:滝田洋二郎 
脚本:林民夫 原作:田中経一「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」(幻冬舎文庫)
出演:二宮和也、西島秀俊、綾野剛、宮﨑あおい、竹野内豊
コピーライト: (C)2017 映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」製作委員会 (C)2014 田中経一/幻冬舎

フォトギャラリー

大統領の料理人

大統領の料理人

出演者 カトリーヌ・フロ  ジャン・ドルメッソン  イポリット・ジラルド  アルチュール・デュポン  ジャン=マルク・ルロ  アルリ・ジョベール  ブリス・フルニエ  エルヴェ・ピエール  レシュ・レボヴィッチ  トーマス・シャブロル
監督 クリスチャン・ヴァンサン
脚本 クリスチャン・ヴァンサン  エチエンヌ・コマール
音楽 ガブリエル・ヤレド
概要 グルメの国フランスでミッテラン大統領のプライベート・シェフに大抜擢された女性シェフの知られざる真実の物語を描く感動ドラマ。周囲の反発に怯むことなく、美味しさだけを追い求めて官邸に新風を吹き込む姿をハートウォーミングに綴る。主演は「女はみんな生きている」のカトリーヌ・フロ。監督は「恋愛小説ができるまで」のクリスチャン・ヴァンサン。フランスの片田舎で小さなレストランを営む女性料理人のオルタンス・ラボリ。ある時、政府に呼び出されて向かった先は、フランス大統領官邸“エリゼ宮”。著名なシェフの推薦を受けた大統領が彼女をプライベート・シェフに任命したのだった。最初は男ばかりの堅苦しい官邸厨房で、同僚シェフたちの冷たい視線を受け続けるオルタンスだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

二宮和也

生年月日1983年6月17日(35歳)
星座ふたご座
出生地東京都葛飾区

二宮和也の関連作品一覧

服部幸應

生年月日1945年12月16日(73歳)
星座いて座
出生地東京都豊島区

服部幸應の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST