『散歩する侵略者』の黒沢清監督、「この若さでここまで芝居ができることに驚きました」と恒松祐里を絶賛

恒松祐里と黒沢清監督

恒松祐里と黒沢清監督

劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」が、黒沢清監督によって映画化。9月9日の全国公開を前に都内にて特別試写会が開催され、「侵略者」の1人・立花あきら役の恒松祐里黒沢清監督が登壇した。

数日間の行方不明の後、不仲だった夫(松田龍平)がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出かけていく。一体何をしているのか…?その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中、天野(高杉真宙)という謎の若者に出会い、二人は事件の鍵を握る女子高校生・立花あきら(恒松祐里)の行方を探し始める…。

恒松祐里

恒松祐里

恒松が黒澤監督の方を見ながら「紳士的で素敵な監督で。すごい…安心して…」とその印象を語っていると黒澤監督は思わず「こっち見て言わないで…恥ずかしいから(笑)」と照れ笑い。そんな恒松を「この若さでここまで芝居ができることに驚きました。全くの非日常と、それがごく当たり前という両極端を演じなければいけなかったんですが“矛盾したものが1人の人間の中に当然のようにある”という芝居をこの若さで簡単にやっていたので、天才だなと思いました」と手放しで賞賛。

劇中で華麗なアクションを披露している恒松は、一番苦労したという意外な話を披露。「アクションは初だったので全部苦労しましたけど、一番大変だったのは練習の2ヶ月の間にできたアザです。治す方法をネットで調べたら“爪楊枝を束ねた裏側(末端側)で、毎日叩くと治るらしい”ということだったので、お風呂場で温めながら叩いていたら、本番までにはアザが消えてきれいになっていました」

これは黒沢監督も初耳だったようで「そんなことしてたんだ…」とポツリ。恒松は続けて「皆さんもぜひ…アザは叩いて直せ!」とコメントして観客の笑いを誘った。

黒沢清監督

黒沢清監督

人間ではない「侵略者」を演じた役者たちには現場で「正直に『お任せします』と伝えた」という黒沢監督。「俳優は自分じゃない別の人間を演じることが出来るので、全く別の人格が突然頭のなかに入ってくるというのは、実はなんてことないことなのかもしれない」と話すも、恒松から「そんなことないですよ! 人間じゃない演技が大変でした」と正直な感想を聞かされてしまい、思わず「すいません」と申し訳なさそうに返す黒沢監督。

上映前のイベントだったため「核心をしゃべれないもどかしさもあったかと思います」と前置きした上で。「ある部分は想像通り、ある部分は想像と全く違うものになっている。場合によっては戸惑ったり混乱したりすることもあるかもしれませんが、最後まで付き合っていただければ、最後にはかなり鮮明なある答えが見つかると確信しています」とメッセージを送ってイベントを締めくくった。


映画『散歩する侵略者』
2017年9月9日(土)全国ロードショー

監督:黒沢清
原作:前川知大『散歩する侵略者』
脚本:田中幸子 黒沢清
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会
配給:松竹 日活

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

長谷川博己

生年月日1977年3月7日(42歳)
星座うお座
出生地東京都

長谷川博己の関連作品一覧

長澤まさみ

生年月日1987年6月3日(32歳)
星座ふたご座
出生地静岡県

長澤まさみの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST