岡田准一、『関ヶ原』で“蹴られるシーン”に恨み節!役所広司のボケには「絶妙」と大ウケ

役所広司

役所広司

V6の岡田准一が26日、都内で開催された主演映画『関ヶ原』の完成披露イベントに、共演した役所広司、有村架純、東出昌大、平岳大、音尾琢真、和田正人、伊藤歩、中越典子、原田眞人監督とともに出席した。

>写真をもっと見る

本作は、司馬遼太郎による同名小説の実写版。石田三成(岡田)が率いる西軍と、徳川家康(役所)が率いる東軍が繰り広げた、天下分け目の合戦を描く。関ヶ原の戦いに参戦するなら誰になりたいか問われた音尾は「石田三成だけは嫌だなと思います。かっこいいんですけど、何が嫌って、最後(自分が演じた)福島正則にさんざん蹴られるのが嫌(笑)」とコメント。

岡田はこのシーンの撮影を振り返り、「ずっと蹴られているんですけど、腿を蹴ってくださいって言ったんですよ。腿だったら全然耐えられるんでって言ったのに、お腹をずっと蹴ってくる(笑)」と恨み節をぶつける。

岡田が「受け入れるんで、ちゃんと蹴って大丈夫ですよって。ただ、お腹を何回もは、ちょっと耐えられない可能性があるので、腿とかお尻あたりにしてくださいね。たまにお腹は大丈夫ですけどって言ったら、ほぼオールお腹(笑)」とも振り返ると、音尾は「カットってかかったら、岡田君が『ずっと腹!もうずっと腹!』って(笑)」と明かして会場を沸かせた。

一方の役所は、「体系は家康のままで、(有村が演じた)初芽になって、三成公をお守りして、三成公の子宝を授かりたいと思います」と誰も予期せぬボケを披露。岡田は「(ボケが)絶妙ですよね~!(笑)」と大ウケしていた。

(取材・文・写真:岸豊)


映画『関ヶ原』
公開中

出演:岡田准一 有村架純/役所広司
監督・脚本:原田眞人
原作:司馬遼太郎「関ヶ原」(新潮文庫刊)
製作:「関ヶ原」製作委員会
製作プロダクション:東宝映画/ジャンゴフィルム
配給:東宝 アスミック・エース

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

司馬遼太郎

生年月日1923年8月7日(72歳)
星座しし座
出生地大阪市浪速区西神田町

司馬遼太郎の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST