【映像】『ダンケルク』爆音上映が決定!ノーランの軌跡を辿る特別映像も解禁!

映画『ダンケルク』

映画『ダンケルク』/(C)2017 Warner Bros. All Rights Reserved.

ダークナイトインセプションクリストファー・ノーラン監督が、実際に起きた史上最大の救出作戦を描く、大傑作『ダンケルク』がいよいよ公開。 このたび、本作の爆音上映が初日9日(土)のAM0:00に開催決定。さらにノーランの軌跡を辿る特別映像も到着した!

「オスカー候補となるべき今年No.1の映画。(Variety)」、「ノーラン最高傑作。(The Guardian)」と大絶賛の本作は全世界で4億ドル超えの大ヒットを記録(Boxofficemojo調べ)している。そんなノーラン監督が世界を驚愕させた『インセプション』『インターステラー』から最新作『ダンケルク』への軌跡を伝える特別映像が解禁となった…。

ディカプリオを主演に迎えて潜在意識=夢=と時間を操った『インセプション』では、反り返った巨大ビル群が頭上から近づいてくる驚愕カットを放ち、ハイスピードカメラを駆使してカフェ爆発の瞬間をコンマ数秒レベルの精度でフィルムに定着させた。『ダークナイト』シリーズでは、ニューヨークの街をゴッサムへと変貌させ、大群衆のど真ん中で巨大タンクローリーを横転させる。かと思えば、フィンランドの絶景で大ロケーションを行った『インターステラー』では、宇宙空間を圧倒的な臨場感で体感させてくれた。

常に圧倒的な映像表現で映画の常識を覆してきたクリストファー・ノーラン監督。最新作『ダンケルク』では1940年、フランスの港町へと観客を誘う。ノーラン作品のすべてを手がけてきたプロデューサーのエマ・トーマスは、「ノーラン監督は、劇場以外では出来ない新体験をさせてくれる」と力を込める。その言葉の通り、ニューヨークでは10,000人を超える群衆を走らせ、巨大な飛行機を空中に吊して撮影に挑んだ。映画という特別な体験を味わってもらうために、独自の創造活動を続けてきたノーランは、まさに「映画のために生まれてきたような人物」なのだ。

「アクション」と監督が叫ぶメイキングシーンから紹介される特別動画では、陸を生き抜こうとする若き兵士、ドーバー海峡から救出に向かう民間船、空からの援護を使命とする戦闘機スピットファイアが紹介される。陸は1週間、海は1日、そして空は1時間。異なる時制が同時進行で描かれる、まさに天才ノーランでなければ描くことの出来ない緊迫のタイムサスペンスだ。

「『ダンケルク』では、体験してもらえることを大事に考え、ゴーグルなしのバーチャルリアリティを作り出そうとした」と語るノーランは、1940年代当時に活躍したスピットファイアを始め、駆逐艦や民間船など、すべて本物を揃えて撮影に挑んだ。キャスティングにもリアリティを求め、観客の案内人となる若き兵士トミーには、全く無名のフィオン・ホワイトヘッド、演技経験のないハリー・スタイルズ(ワン・ダイレクション)らをオーディションにより大抜擢。敵が毎秒近づいてくる中、「究極の生と死、時間との戦いがどんなものかを体感して欲しかった」と言葉を続ける。

そして、日本公開初日となる9月9日(土) 深夜0:00より、新宿ピカデリーにて『ダンケルク』の日本最速上映となる公開記念爆音前夜祭が決定。全世界を驚愕させた『インターステラー』、『インセプション』の代表作3作品をオールナイト爆音上映。必見の体感上映をぜひ、お見逃しなく。

■イベント概要

『ダンケルク』公開記念 爆音前夜祭

▼会場:新宿ピカデリー(東京都新宿区新宿3丁目15番15号)
▼期間:2017年9月9日(土) AM 0:00 上映スタート予定(AM7:30頃、終了予定)
※23:30〜 樋口泰人氏、他ゲストをお招きしてトークショーを予定。
▼内容:クリストファー・ノーラン監督作3作品
『ダンケルク』、『インターステラー』、『インセプション』
▼料金:4,800円(税込)
▼チケット発売:9月3日 (日)24:00時より、新宿ピカデリー公式WEBにて発売開始


映画『ダンケルク』
9月9日公開

監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン
出演:トム・ハーディ、マーク・ライランス、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、ハリー・スタイルズ ほか

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

クリストファー・ノーラン

生年月日1970年7月30日(48歳)
星座しし座
出生地英・ロンドン

クリストファー・ノーランの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST