【ニューヒロイン!】『エイリアン:コヴェナント』K.ウォーターストンのインタビュー映像が到着!

『エイリアン:コヴェナント』

『エイリアン:コヴェナント』/(C)2017 Twentieth Century Fox.jpg

リドリー・スコット監督が手掛ける、シリーズ最新作『エイリアン:コヴェナント』が9月15日(金)より全国公開。このたび本作のニューヒロイン:ダニエルズを演じたキャサリン・ウォーターストンのインタビュー映像が到着した!

共演のマイケル・ファスベンダーには…

“戦うヒロイン”の代名詞とも呼べる、スコット監督が生み出した『エイリアン』シリーズのエレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)。そんなリプリーのレジェンドを受け継ぐのがウォーターストン演じるダニエルズだ。

到着した映像で「探索を進めるにつれ、異変が起こる。そこからはエンディングまで息つく間もない展開がずっと続く」と緊迫感溢れる展開が期待できることを明かす。そして、「本作は混乱と不安に満ちている。一度歯車が回り始めてしまったら、終わるまで決して止まってくれないの。それに、リドリーの思惑通りになっている。みんな震え上がると思うわ」と本作のSFアクションの衝撃を語った。

「★★★★★:エイリアン・シリーズに求めるものが全て含まれている」(THE INDEPENDENT)という評価が示すように本シリーズには、前述の“戦うヒロイン”、“緊迫感”に加えて、“アンドロイド”の存在も必要不可欠だろう。この船にいる唯一の独り身でアンドロイドのウォルターを演じるマイケル・ファスベンダーについて、「アンドロイドを演じる人と一緒に撮影できるなんて、まるでタイムトラベルをしている気分よ。3世代くらい先の未来かしら。どれくらい先かわからないけど、確実に来る未来だと思う。思考するAIは、今も開発が続いているもの。そのプレビューを見ているような気分だったわ。恐ろしくて、奇妙で、不思議で不気味だった」と人間としてのキャラクターではなく、アンドロイドを演じたファスベンダーとの共演も語る。


映画『エイリアン:コヴェナント』
2017年9月15日全国公開

監督:リドリー・スコット
出演:マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン
配給:20世紀フォックス映画

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

シガニー・ウィーバー

生年月日1949年10月8日(69歳)
星座てんびん座
出生地米・ニューヨーク・ニューヨーク・マンハッタン

シガニー・ウィーバーの関連作品一覧

リドリー・スコット

生年月日1937年11月30日(81歳)
星座いて座
出生地

リドリー・スコットの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST