長澤まさみ、『散歩する侵略者』黒沢清監督による“癖”の指摘に照れ笑い「考えてるんです」

 

長澤まさみ

映画『散歩する侵略者』の初日舞台挨拶が9日に都内で実施され、キャストの長澤まさみ松田龍平長谷川博己高杉真宙恒松祐里、そして黒沢清監督が出席。黒沢監督から、指示を受けると「あ、はい」と答える癖があることを明かされた長澤は「考えてるんです。『あ』と『は』の間に(笑)。『できるかな?』『あ、はい。できます』ということだと思います」と照れくさそうに語った。

>写真をもっと見る

『散歩する侵略者』は、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」の実写版。数日間の行方不明の後、夫の真治(松田)が「侵略者」に乗っ取られて帰ってきたことをきっかけに、日常が異変に巻き込まれていく加瀬鳴海(長澤)の姿を描く。長澤は演じるうえで意識していたポイントについて「鳴海としては、一番大切なパートナーである真治との関係っていうのが、生活の基盤にあるので、本当に夫婦のように見えるようなお芝居ができたらいいなという思いが、やはりありました」と述懐。

不仲な夫婦の妻という役どころのため、劇中で怒るシーンが多かったことについては「ずっと怒ってましたね。怒るっていう感情の中に、鳴海のすべてが注ぎ込まれていたので、それが愛情だったり優しさだったり、悔しさだったり、本当に色んな感情が、怒りっていうものに全て集約されていたので、人間らしい役を、人間らしい人を演じられて、とても勉強になりました」と振り返った。

そんな長澤と初のタッグを組んだ黒沢監督は「『こんな風にお願いします』とか言うと、普通は『はい』とか『嫌だ』とか、こういう反応が返ってくるんですけど、長澤さんは大抵『こうしてください』と言うと、『あ、はい』って言う。一回『あ』って虚無的な顔をされて、『あ、はい』って。これがうれしいやら困ったやらで。でも、『あ、はい』って言いながら必ずやってくれるという、頼もしい女優でした」と意外なエピソードを披露。これを聞いた長澤は「考えてるんです。『あ』と『は』の間に(笑)。『できるかな?』『あ、はい。できます』ということだと思います」と照れ笑いを見せた。

トークの様子

トークの様子

侵略者に乗っ取られる真治役の松田は、「黒沢さんにも撮影に入る前にもお会いしたんですけど、『宇宙人みたいですね』って言われて。『あ、もうそのままいてくれればいいです』って言われて、すごいほっとしたのを覚えています」と苦笑。これを受けた黒沢監督は「最初にお会いした時から、『宇宙人役なので、よくわかりません』と正直に言いました。考えても絶対わからないし、多分、宇宙人に聞いてみないとそれがいったいどういうものなのか分からないので、『それでも大丈夫ですよね?』と言ったら、松田さんが『ふっ』と一回笑って、『多分大丈夫です』と言ってくれたので、あとはお任せして。そうしたら見事に演じてくれました」と労った。

ジャーナリストの桜井役の長谷川は、黒沢監督の大ファン。「すごい幸せな時間でしたね。あまりにもファン過ぎて、僕は黒沢さんの過去の作品のことばっかりを、この『散歩する』の撮影現場で聞きまくって。そうとう鬱陶しかったんじゃないかなと思うんですが、大丈夫でしたか?」と恐縮しつつ質問すると、黒沢監督は「珍しいんですよ。撮影現場で雑談していたっていうのは。他にも色々考えなきゃならないないことは一杯あるんですけど、それは置いといて、長谷川さんと隣り合うと、どうでもいい雑談をずっとしているという(笑)」と懐かしそうに振り返った。

当日は、本作が10月に開催される第22回釜山国際映画祭に正式招待されることも発表。黒沢監督は「韓国ですから、エンターテイメント映画に関しては、本当に素晴らしいものがたくさんあるので、その韓国の方に、この『散歩する侵略者』がどのように見られるのか、今から楽しみです」と期待を込めた。

(取材・文・写真:岸豊)


映画『散歩する侵略者』
公開中

監督:黒沢清
原作:前川知大『散歩する侵略者』
脚本:田中幸子 黒沢清
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会
配給:松竹 日活

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

長澤まさみ

生年月日1987年6月3日(32歳)
星座ふたご座
出生地静岡県

長澤まさみの関連作品一覧

松田龍平

生年月日1983年5月9日(36歳)
星座おうし座
出生地東京都

松田龍平の関連作品一覧

長谷川博己

生年月日1977年3月7日(42歳)
星座うお座
出生地東京都

長谷川博己の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST