【レビュー】映画『三度目の殺人』―観客を突き放す“冷たさ”が際立つ、是枝監督流の心理サスペンス

(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

『そして父になる』『海街diary』で、温かみのある家族のドラマを描いてきた是枝裕和監督の最新作『三度目の殺人』は、是枝監督のイメージを覆す、冷たい空気に包まれた法廷サスペンスだ。福山雅治、役所広司、広瀬すずをはじめとする、豪華かつ多彩なキャストを迎えた本作で、謎めいた殺人犯の二転三転する供述、そしてこれに翻弄される弁護士の姿を通じて是枝監督が描き出したのは、“家族と司法の機能不全”という、現代社会を象徴するテーマである。

物語は、殺人の前科がある三隅(役所)が“二度目の殺人”を犯すことから始まる。同僚の摂津(吉田鋼太郎)から三隅の弁護を頼まれた重盛(福山)は、被害者の妻・美津江(斉藤由貴)、その娘・咲江(広瀬)に会いに行くが、美津江に追い返されてしまう。三隅の供述が二転三転する一方で、週刊誌では美津江が被害者にかけられた保険金のために三隅に犯行を依頼したという説が浮上。謎が謎を呼ぶなか、地道に聞き込みを行っていた重盛は、三隅が住んでいたアパートの大家から、咲江が三隅に頻繁に会いに来ていたという目撃情報を得る。果たして、三隅は二度目の殺人を犯したのか? そして咲江との関係は?

(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

是枝監督の作品には、“家族の温かみ”を感じさせるものが多い。親に捨てられた“存在しない”子供たちが人知れず生きる姿を描いた『誰も知らない』。過去に起こった悲劇の記憶に苛まれる家族の対話を描いた『歩いても 歩いても』。赤ちゃんの取り違えに翻弄される2組の家族を描いた『そして父になる』。鎌倉を舞台に三姉妹と腹違いの少女が織りなす穏やかな生活を綴った『海街diary』。ダメ夫に振り回される家族の姿を映し出した『海よりもまだ深く』などが、その作風を象徴する作品と言える。しかしながら、『三度目の殺人』には、こうした作品群で観客を魅了した“家族の温かみ”が皆無に等しい。

登場人物それぞれが抱える思惑と想いが絡み合うことによって、事件の闇が深まっていくのに併せて、是枝監督はほぼ一貫して家族関係における“温かみ”ではなく、“冷たさ”(=虚しさ)を映し出していく。重盛と娘のやり取りはぎこちなく、美津江と咲江が交わす会話は短く、彼らの間に感じられる“言いようのない距離感”は縮まることが決してない。寧ろ、物語の進行に伴い広がっていく印象すら与える。これらの描写から“冷たさ”を感じさせつつ、三隅の裁判の不安定な展開を映し出すことによって、本作は是枝監督らしからぬサスペンスとして、観客を物語の奥深くへと引きずり込んでいく。これまでとはガラッと変わった作劇だが、観客の心を捉えて離さないストーリーテリングは、流石の一言に尽きる。

(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

キャストに関しては、是枝組に初参加となった役所の演技が実に素晴らしい。彼が演じた三隅は供述を二転三転させ、あたかも真実を隠そうとするかのように重盛を翻弄するのだが、セリフ回しにおける淀みや表情の変化における歪みといった繊細な表現を用いて、役所は“心の中が見えない男”としての存在感を漂わせており、三隅というキャラクターの存在に、確かなリアリティを伴わせている。不気味でありながらも、深淵を覗きたいと感じさせる、あまりにもリアルで恐ろしい三隅の姿を成立させた圧倒的な演技力には、大きな拍手を送りたい。

一方、『そして父になる』以降は初めて是枝監督とタッグを組んだ福山は、キャラクターの中で唯一と言える、大きな心理的変化を経験する重盛を熱演した。重盛は“真実を知ることに興味がなく勝ちにこだわる弁護士”という立ち位置から、三隅や事件の闇に飲み込まれていくにつれて、真実を知ることを追い求める男に変化するのだが、福山はこのプロセスにおける重盛の迷い・葛藤・怒りを丁寧に、かつ深く掘り下げ、真実に逆行する三隅と対を成す人物を構築している。是枝監督の映画には『海街diary』以来の出演となった広瀬は、持ち前の透明感はそのままに、晴れやかで心奪われる笑顔を封印し、心の中をのぞくことができない、謎めいた少女になり切った。美しさと儚さ、そしてミステリアスな雰囲気を湛えたその表情には、思わずため息が出てしまう。

(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

咲江による告白や、美津江が隠していた事実、そして安定しない三隅の証言が複雑に絡み合った結果、事件の様相は複雑化の一途をたどる。本作が法廷サスペンスとして意外なのは、是枝監督が、結末に“答え”ではなく“問い”を残すに留めていることだ。是枝監督は、法廷もので“当然導き出される”と思われてしまいがちな“答え”を描くことを、敢えてせずに、結末を曖昧化したまま物語の幕を下ろすのである。断わっておくが、是枝監督は観客を煙に巻こうとしているわけではない。なぜなら、この「問い」は、“家族と司法の機能不全”という原題を象徴するテーマを浮かび上がらせるための仕掛けとして機能しているからだ。

このテーマは、是枝監督を世界的に有名にした『誰も知らない』における“家族と行政の機能不全”に通じるものだが、今回は司法にスポットが当てられており(弁護士の物語を撮りたいと考えていた是枝監督は、複数の弁護士から「法廷は真実を解明する場所ではない」という言葉を聞いて興味を抱いたという)、観客は司法を軸とする社会が、妥協点を設定することで回っているという、厳しい現実を目の当たりにすることとなる。『誰も知らない』は、その社会的テーマと逞しく生きようとする子供たちの姿によってコントラストを形成し、観客の心を揺らしたが、本作ではそういった対照性がないために、より陰鬱な印象が強調される。突き放されるようなエンディングによって、観客はカタルシスの代わりに、受け止め難い痛みと虚しさを突きつけられるのだ。これまでの是枝監督らしからぬ結末には、少なからず衝撃を受けるだろう。

(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

結末を経てもなお、曖昧模糊とした印象が残る本作は、是枝監督の作品で最も冷たく、最も不思議な作品となったように思う。これまでのアプローチとは真逆の方法論・演出・作劇で、やるせなさと悲しさを感じさせる物語を紡ぎ出した是枝監督は、その作家性を明確に拡大した。支持され続けてきた“らしさ”を捨てて、“らしくなさ”を全面に打ち出し、新境地を開拓した本作は、是枝監督のフィルモグラフィーを語るうえで、欠かせない作品である。

(文:岸豊)


映画『三度目の殺人』
公開中

監督:是枝裕和
出演:福山雅治、役所広司、広瀬すず、斉藤由貴、吉田鋼太郎、満島真之介、松岡依都美、市川実日子、橋爪功
配給:東宝・ギャガ

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

福山雅治

生年月日1969年2月6日(50歳)
星座みずがめ座
出生地長崎県

福山雅治の関連作品一覧

綾瀬はるか

生年月日1985年3月24日(34歳)
星座おひつじ座
出生地広島県広島市

綾瀬はるかの関連作品一覧

柳楽優弥

生年月日1990年3月26日(29歳)
星座おひつじ座
出生地東京都東大和市

柳楽優弥の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST