『メアリと魔女の花』が第22回釜山国際映画祭に出品決定!

『メアリと魔女の花』

『メアリと魔女の花』

7月8日(土)より現在全国で大ヒット上映中の、スタジオポノック第一回長編作品『メアリと魔女の花』。このたび、アジアを代表する映画祭である第22回釜山国際映画祭(BIFF)の出品が決定した!

日本の興行では観客動員250万人を突破し秋興行へと突入する本作。10月12日(木)~10月21日(土)の期間に開催される本映画祭において、ワイド・アングル部門のアニメーション・ショーケースにて招待を受け、本作の映画祭参加は国内、海外において初となる。

現在、本映画祭へは米林宏昌監督、西村義明プロデューサー、メアリ役の杉咲花が参加し、10月12日(木)のレッドカーペットとオープニングセレモニー、翌日13日(金)に本編の上映を予定されている。韓国の劇場公開は12月予定。


『メアリと魔女の花』
公開中

キャスト:杉咲花
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継 プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST