恩師登場に、まいやん号泣!西野七瀬の目にも光るものが…映画『あさひなぐ』初日舞台挨拶

 

涙を見せた白石麻衣と西野七瀬

乃木坂46の西野七瀬と白石麻衣が、桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、富田望生、生田絵梨花、英勉監督とともに、22日に都内で行われた映画『あさひなぐ』の初日舞台挨拶に出席。サプライズでなぎなた指導の先生から手紙をもらい、対面も果たしたメンバーは、それぞれ涙を見せた。

>写真をもっと見る

こざき亜衣による同名コミックを基にする『あさひなぐ』は、二ツ坂高校に通う、運動音痴で元美術部の女子高校生・東島旭(西野)が、先輩である宮路真春(白石)に憧れてなぎなた部に入部し、不器用ながらも一生懸命に奮闘する姿を描く。劇中と同様、なぎなたの胴着を着けて登場したキャスト。主演の西野は「みんなで着替えているとき、つけながら『久しぶりだね~』って。『試合のシーンの撮影とかを思い出すね』って話しながらやってました」とニッコリ。

二ツ坂高校のエース・宮路真春を好演した白石は、笑えるシーンが多いことに絡めて「(中村倫也が演じた)小林先生はもう、最強ですね」と笑顔。「小林先生って、基本アドリブで、全部面白く返してくださって。ラーメンを、みんなで手ぬぐいつけて食べるシーンとかもあったじゃないですか。あそことかも、真春が手ぬぐいをばっと取ってガンつけに行くところも、本編ではリップクリームを塗っていたんですけど、あれもアドリブで」と懐かしそうに振り返り、「(顔を背けているショットで)多分、ちょっと笑っちゃってるんですよね(笑)」とも明かした。

これを受けた西野も「大会の日の待ち合わせのシーンが、初めて小林先生とのシーンで。それまで監督が、『すごいアドリブ聞かせてくるからね~』みたいに言われていたので、それなりに一応、準備というか覚悟というか、きっとアドリブをしてくれるんだろうなと思っていたら、もう想像をはるかに上回る自由度のアドリブで。なんか、びっくりでした。面白いのもあるんですけど、それよりもびっくりして、こんなに自由にしていいんやって」と回想。「全く台本にないことをどんどん進めていくので、分からないまま、不安なままついていくしかなくて、みたいな」とも話した。

当日は、なぎなた指導を行った全日本なぎなた連盟の吉井和代先生からの手紙がサプライズで朗読される一幕も。さらに、吉井先生と同連盟所属の大学生が登壇し、キャストに花束を贈呈した。西野の目には光るものがあり、白石は号泣。吉井先生は「分からないことだらけで、最初から監督のペースに持っていかれてばっかりだったんですけども、監督はじめスタッフの皆さんが本当に良くして頂いて、キャストの皆さんも教えに来てる大学生とかにすごく優しくしてくださったので、楽しく過ごさせていただくことが出来ました」と感謝。英監督は「半分、和代さん監督みたいなとこあって。僕とかちょっと甘いですけど、和代さんの方が厳しい(笑)」と返して、涙顔のキャストを笑わせていた。

(取材・文・写真:岸豊)


映画『あさひなぐ』
公開中

西野七瀬 桜井玲香 松村沙友理 白石麻衣 伊藤万理華 富田望生 生田絵梨花
中村倫也 森永悠希 角替和枝 江口のりこ

原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
脚本・監督:英勉
配給:東宝映像事業部

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST