『天空の城ラピュタ』“バルス飽き”で代替案を模索?金曜ロードSHOW!

金曜ロードSHOW!で『天空の城ラピュタ』が放送!(※画像は公式サイトより引用)

金曜ロードSHOW!で『天空の城ラピュタ』が放送!(※画像は公式サイトより引用)

9月29日、日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」では、「秋のジブリ」と題し、『天空の城ラピュタ』が放送される。恒例のバルス祭に期待が高まる一方で…。

【あらすじ】
スラッグ峡谷に住む見習い機械工のパズーはある日、空から降りてきた不思議な少女を助ける。その少女・シータは、浮力を持つ謎の鉱石“飛行石”を身につけていた。やがてパズーは、飛行石を狙う政府機関や海賊たちの陰謀に巻き込まれ、かつて地上を支配したという伝説の天空島「ラピュタ帝国」に誘われてゆく。

一時代を築いた「バルス祭」に食傷気味の声も…

地上波放送の度に高視聴率を記録するジブリ冒険活劇の金字塔『天空の城ラピュタ』。中でも、クライマックスでパズーとシータが唱える滅びの呪文「バルス」は、短い文字数と映画のカタルシス的展開とが相まってTwitter 上で「バルス」とつぶやく「バルス祭」を生み出した。それ以降も、瞬間ツイート数の世界記録の樹立(13年放送時)や、株式会社タニタとのツイートバトル(16年放送時)など数多くのドラマを生み、テレビ映画とSNSの親和性を象徴する「祭」の文化を確立した。

今回の放送にあたっても「明日はラピュタだバルス祭だー!」、「バルス祭やんけ。リアタイで観たい。」、「あの呪文の瞬間に『バルス!』ってツイートしてTwitterを落とそう!」と期待の声が数多く見受けられる。

しかし、その一方で地上波放送も16回目を迎え、その熱も徐々に下火となってきている…。「ぶっちゃけバルス祭りはもう飽きたぞ…」、「バルス飽きたから他のセリフないすかねぇ」、「バルスで盛り上がるのはもう飽きたので『40秒で支度しな』でTLを埋めませんか…」、「ラピュタでバルス呟くの見るの飽きたし『ママァー!』でやって欲しい」、「バルスの代わりに#YES! または#高須! とツイートするのはどうか?」と「バルス祭」に対して“飽き”のコメントも見受けられ、代替案を提案するユーザーも散見された。

近年では、 サマーウォーズの「よろしくお願いしまあああああす!」、バトルシップの「だが、今日じゃない」など他作品にも派生した「祭」の文化。 その元祖とも呼べる『天空の城ラピュタ』の「バルス祭」への“飽き”は、衰退の一途をたどるのか? 新たな「祭」を生み出す原動力となるのか? それとも「祭」を超える新たなフェーズへと突入していくのか…? 「テレビ映画」の新たな転換期を迎えるかも知れない今回の放送。SNSの反応にも、ぜひ注目して頂きたい。

(文・nony)

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

宮崎駿

生年月日1941年1月5日(78歳)
星座やぎ座
出生地東京都文京区

宮崎駿の関連作品一覧

久石譲

生年月日1950年12月6日(68歳)
星座いて座
出生地長野県

久石譲の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST