蒼井優、最低女役に苦笑―阿部サダヲは竹野内豊と同い年であることを明かす

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』ジャパンプレミア(白石和彌監督、松坂桃李、蒼井優、阿部サダヲ、竹野内豊)

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』ジャパンプレミア(白石和彌監督、松坂桃李、蒼井優、阿部サダヲ、竹野内豊)

蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊、白石和彌監督が、28日に都内で行われた映画『彼女がその名を知らない鳥たち』のジャパンプレミアに出席した。

>写真をもっと見る

沼田まほかるの同名小説を基にする本作は、仕事もせず、飲食店に入り浸り、電話で無茶な難癖をつけ続ける嫌な女・十和子(蒼井)/その十和子によって毛嫌いされ、ぞんざいに扱われても、執拗に付きまとう下劣な男・陣治(阿部)/家庭があるにも関わらず、誠実を装い十和子との不倫を愉しむゲスな男・水島(松坂)/他の女との結婚話を隠して自らの保身のために十和子を利用していたクズ男・黒崎(竹野内)が織りなす人間模様を描く。

蒼井優

蒼井優

蒼井は、経済面では陣治に依存しながら、黒崎が忘れられず、水島とは不倫をするという役どころについて「すみません(笑)」と陳謝。共感できる部分については「たぶん、共感なんかできないって言った方が、人間性を疑われなくていいと思うんですけど(笑)」と前置きしたうえで「常識だったりとか、人間関係とか、いろいろなことで当たり前のように排除している選択肢を、全部広げているのが十和子なだけであって」と考えを明かし、「見てくれた友達とか知り合いでは、『共感できたって言いたくないけど、実はわかるところある』みたいなことを仰る方が多いので、私のことをたぶん最低だって思うかもしれないですけど、ちょっと、お手柔らかに見ていただけたら(笑)」とも語った。

一方の阿部は、衣装や振る舞いの汚さに関して「(現場に)行ったらすぐ汚されるので。一応、お風呂とかは入っていたんですけど、もうどうでもいいかなっていう瞬間もありましたよね。お弁当とかの時間で、落ちたものとか、平気で食べてました。全然、それで大丈夫でした」と回想。松坂、竹野内と唯一共演しているシーンに話が及ぶと、「悔し泣きというんですかね。何なんだこいつら?っていう。殺してやりたいです(笑)」と苦笑交じりにジョークを飛ばした。

また、竹野内については、「すごいシーンをやったんですよ。この2人で。そのあと握手してね。よくやったねって(言い合った)」とニッコリ。さらに「同い年ですよ。僕たち。こんな同い年、ある?(笑)」と自虐的に明かして会場を沸かせていた。当日は、本作が第12回ローマ国際映画祭/オフィシャル・セレクションに正式出品され、ヨーロッパ・プレミアを行うことも発表された。

(取材・文・写真:岸豊)


映画『彼女がその名を知らない鳥たち』
10月28日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊
監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
【R15】
配給:クロックワークス
2017年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST