『スイス・アーミー・マン』ダニエル・ラドクリフとポール・ダノのキスシーン映像が解禁!

(C)2016 Ironworks Productions, LLC.

(C)2016 Ironworks Productions, LLC.

9月22日に公開となった映画『スイス・アーミー・マン』から、メニーを演じたダニエル・ラドクリフと、ハンク役を務めたポール・ダノが、水中から飛び上がるほどの(!?)熱いキスを交わす姿を収めた映像が解禁となった。

映し出されるのは、森の中をサバイバルするメニーとハンク。歩みを進める二人の前には、大きな川が立ちはだかる。この川を渡って向こう岸に進みたいが、目の前に架かるのは橋ではなく、人ひとりがやっと通れるようなパイプのみ…。パイプの上をメニーを背負い、四つん這いで慎重にゆっくりと進むハンクだが、手が滑ってしまい、そのまま二人は真っ逆さまに深い川に落ちてしまう。

水中で必死にもがくハンク。振り向くと、そこには自分の力ではどうすることもできず、手を広げながら悲しい表情でどんどん仄暗い水の底へと落ちていくメニーの姿が。メニーを失ったらひとりぼっちになるハンクは、メニーを救おうと必死に泳ぐ。追いついたハンクがメニーの手を握ったその瞬間、死体のはずのメニーに力強く抱き寄せられるハンクは驚きの表情を見せる。そんな二人の頭をよぎるのは、サバイバル中のデートシーン。まるで生きているかのようにハンクを抱き寄せるメニー。メニーの気持ちを察したかのように、ハンクは流れるようにメニーの腕の中へ。そしてそのまま唇を重ねる二人…。

その後メニーは、口から泡を吐き出しながらニッコリ。思わず笑みをこぼすハンクは、勢いではなく、自分の意志で再びキスをする。二人はそのまま川底へ落ちていくが、このまま物語は終焉を迎えてしまうのだろうか…!?そう思ったのもつかの間、静かな川面にコルク栓が浮かび上がる。このコルク栓は、メニーの機能を制御するためにメニーの噴射口に刺していた栓…?続いて川面には、解き放たれたジェット噴射機能を駆使し、噴水のように高く飛び上がるメニーとハンクの姿が…。水面から出てくる瞬間や、メニーから噴射されるジェット機能をスローで捉えた映像には、滑稽ながら引き込まれる美しさがある。本作の愉快で不思議な世界観を象徴するかのような映像は、是非チェックしてほしい。


映画 『スイス・アーミー・マン』
公開中

監督・脚本:ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン(ダニエルズ)
出演:ダニエル・ラドクリフ、ポール・ダノ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、
提供:ポニーキャニオン/カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ポニーキャニオン
宣伝:スキップ
2016年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/97分/原題:Swiss Army Man/映倫区分:G指定

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST