『ブレードランナー 2049』心優しい“レプリカント”の姿が切ない短編映像が解禁!

ブレードランナー2049

10月27日に日本公開を迎える映画『ブレードランナー 2049』より、前作から本作までの“空白の30年間”を繋ぐ短編の一つで、“2048年”を描いたエピソードの全編映像が到着した。

『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンを取った本作の舞台は、オリジナル作品の2019年から30年後の2049年。ロサンゼルス市警のブレードランナーである“K”(ライアン・ゴズリング) は、違法に製造されたレプリカント(人造人間)の処分任務に当たる中、レプリカント開発に力を注ぐ理想主義的科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の<巨大な陰謀>を知ることに。その陰謀を暴くうえで重要な鍵を握るのは、かつて優秀なブレードランナーとして活躍したものの、30年間にわたって行方不明だったデッカード(ハリソン・フォード)だった...。

「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」と題された短編映像は、映画の舞台である2049年の一年前“2048年の世界”を描いたもの。“ネオンが光る謎の店”“ごった返す人々”“煙るスモッグ”…。荒廃した街並みは、前作『ブレードランナー』を彷彿させる。そこに登場するのは、軍から逃げ出し、この街にたどり着いた“旧型の違法レプリカント”のサッパー(デイヴ・バウティスタ)だ。この街で彼は、少女にだけ心を開き、我が娘を可愛がる父親のような優しい表情を見せている。人間と見分けがつかないその様子には、思わず彼が“レプリカント”であることすら忘れてしまうだろう。

しかし続く映像には、そんな“大切な人にも恐怖を与えてしまう”レプリカントとしての悲しい運命が描かれており、見る者は人間とレプリカントの超えられない壁、そして「本物の人間らしさとは何なのか?」を考えさせられる。少女を救うために暴漢たちを“人並み外れた”力で一蹴したサッパーだが、少女が彼に向けるまなざしは“人ではない狂気=レプリカント”に対する怯えだった。サッパーのように、レプリカントは皆“人間になりきれない”ことで人々からの非難を浴び、人間とレプリカントの境界線で葛藤しながら人生を送っているのだ。

映像のラストでは、サッパーが落とした書類を慌てて拾い上げる怪しい男の様子が。電話を掛けはじめたその男は、「あんたらが捜しているレプリカントを見つけた」とどこかに彼の居場所を連絡する…。本映像で描かれたこのエピソードは、一年後の2049年、つまりKとサッパーの対面へと繋がることとなる。果たして、再び逃げ場所を探し始めるサッパーは、2049年で明かされる衝撃の真実に、どのように関わっていくのだろうか?展開が読めないストーリーに、期待は膨らむばかりだ。


映画『ブレードランナー 2049』
2017年10月27日(金)全国ロードショー

製作総指揮:リドリー・スコット
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レトー、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ

フォトギャラリー

ブレードランナー ファイナル・カット

ブレードランナー ファイナル・カット

出演者 ハリソン・フォード  ルトガー・ハウアー  ショーン・ヤング  エドワード・ジェームズ・オルモス  ダリル・ハンナ  ブライオン・ジェームス  ジョアンナ・キャシディ  M・エメット・ウォルシュ  ウィリアム・J.サンダーソン  ジョー・ターケル
監督 リドリー・スコット
製作総指揮 ハンプトン・ファンチャー  ブライアン・ケリー
脚本 ハンプトン・ファンチャー  デビッド・ピープルズ
原作者 フィリップ・K・ディック
音楽 ヴァンゲリス
概要 リアルでダークな終末観を提示した近未来像でカルト的な人気を博したリドリー・スコット監督によるSF映画の金字塔「ブレードランナー」。これまでにもいくつかのバージョンが存在した同作だが、本作「ファイナル・カット」は、製作25周年となる2007年、これを記念してリドリー・スコット監督が自ら新たに再編集したバージョン。同年のヴェネチア国際映画祭でワールドプレミアが行われ、大きな話題を集めた。日本でもDVD発売に先立ち、劇場公開が実現。植民惑星から4体の人造人間=レプリカントが脱走した。彼らの捕獲を依頼された“ブレードランナー”デッカードは、地球に潜入したレプリカントたちを追うが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ハリソン・フォード

生年月日1942年7月13日(76歳)
星座かに座
出生地米・イリノイ

ハリソン・フォードの関連作品一覧

ルトガー・ハウアー

生年月日1944年1月23日(74歳)
星座みずがめ座
出生地オランダ・ユトレヒト・ブルーケレン

ルトガー・ハウアーの関連作品一覧

ショーン・ヤング

生年月日1959年11月20日(59歳)
星座さそり座
出生地アメリカ

ショーン・ヤングの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST